2016年8月31日 (水)

モンキアシナガヤセバエ

この種は以前に一度、交尾・産卵中のものを出したことがありますが、今回はアラカシの幹で1匹だけじっとしていた雌です。

_dsc7142edit  

_dsc7163edit2

_dsc7184edit2

_dsc7189edit2

(2016.08.19・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

ハダニのコロニーにいた不明幼虫

一昨日の記事に出したハダニのコロニーを眺めていると、甲虫の仲間らしき小さな幼虫が2匹見つかりました。
この状況からまず頭に浮かぶのがヒメハダニカブリケシハネカクシ Oligota kashmiricaですが、何分小さすぎてよく分かりません。2匹を見比べると大きさの他に体形にもずいぶん違いがありますが、頭部の形はよく似ていて、同種の可能性が高いと思っています。

その1.

_dsc6754edit
これは大きい方で、体長約1.2mm。ハダニの張った糸にくっついて宙に浮かんだように見えます。

_dsc67872

_dsc68012
よく膨らんだ腹部に比べて脚や頭部がとても貧弱に見えます。

_dsc67803
こんな顔です。

その2.

_dsc68572
こちらは体長約0.7mm

_dsc68632

_dsc68712

_dsc68812
頭部の形はその1.とよく似ていて、大きさもほぼ同じです。

(2016.08.08・神戸市中央区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

シオカラトンボ交尾

記事を書く時間がないので古い写真を1枚。

_dsc4729

(2008.08.07・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

サクラのハダニ

サクラの葉の裏にカメムシ卵の抜け殻が残っていたのでルーペで覗いてみると、その周囲はハダニの一種のコロニーになっていました。
細い糸が張り巡らされた中に成虫や様々な色・大きさの幼虫、卵が散らばっていてなかなかにぎやかです。

_dsc6542edit

_dsc65532
赤い成虫は体長約0.5mm。以下撮影倍率はすべて同じです。

_dsc66512

_dsc66852

_dsc66862

_dsc67162
体にまだ脱皮殻の一部をくっつけた幼虫も見えます。

_dsc67352

(2016.08.08・神戸市中央区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

アワダチソウグンバイ・幼虫の脱皮

先日出した、トサカグンバイの幼虫の脱皮を撮影したのと同じ日なんですが、セイタカアワダチソウの葉裏にひしめくアワダチソウグンバイの幼虫を眺めているとここでも1匹だけ、脱皮中のものが見つかりました。

_dsc65042

_dsc65072

_dsc65182
脱皮後の体長は約1.1mmです。

_dsc64722
近くにいた若齢幼虫たち。体長0.7mm前後です。

_dsc64862
こちらの大きいのは1.2mmほどあります。

(2016.08.05・舞子墓園)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

ヒラフシアリ

アカメガシワの葉裏にアリが集まっていました。アブラムシの甘露が目当てのようですが、猛暑のせいか全く動きがありません。
葉をつまんでアップで撮り始めるとようやく動き出しました。これまで樹皮下で越冬している姿しか見ていなかったヒラフシアリ Technomyrmex gibbosus のようです。

Dscn5022

_dsc6420edit

_dsc64332
中に腹部が凹んだ個体がいました。

_dsc64382
何か事故にでも会ったのでしょうか。腹板がめくれあがっています。

_dsc64522
暑さのせいでアブラムシの方はちゃんと撮るのを忘れていて、名前の調べようがありません。

(2016.08.05・舞子墓園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ヒゲナガサシガメの脱皮殻

何の木だったか記録していませんが、葉の裏に残っていた脱皮殻です。おそらくヒゲナガサシガメでしょう。

_dsc6295edit

_dsc6312edit

_dsc6337edit

_dsc63632
頭部の真ん中から伸びているのは裏返しになった口吻の表皮ではないかと思います。

_dsc63552
前脚の付け根あたりについている鱗粉は捕らえられた獲物のものでしょう。

_dsc7735edit
同じ日、コナラの葉の裏でじっとしていた成虫です。
幼虫・成虫ともいつ見てもこのような態勢で、未だ活動中の姿を見たことがありません。狩りは夜間に行うのではないかと推測しています。

(2016.08.05・舞子墓園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

シャチホコガ幼虫

久しぶりに見つけたシャチホコガの幼虫ですが、コナラの枝が混み合った奥の方にぶら下がっていたので思うように撮れませんでした。
そらさんが撮っておられたような孵化直後の1齢幼虫を見たいと思っているのですが、まだお目にかかれません。

Dscn4996_3

_dsc77452

(2016.08.05・舞子墓園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

キバラコナカゲロウ?

ネジキの葉の裏にいたコナカゲロウの成虫です。
傍らに空の繭と蛹殻があるので、おそらく羽化直後なのでしょう。そう思ってみれば翅や体を覆う白い粉がまだ薄いようで、これは羽化後に自ら塗りつけるものだそうです。
2枚目の写真では後翅が透けて見えますが、前翅よりも僅かに短いだけなので以前掲載した Conwentzia属とは明らかに異なりまし、前翅の形や体長に対する長さも違います。他の候補を探したところ、HepotaさんそらさんBABAさんがいずれも疑問符つきでキバラコナカゲロウ Coniopteryx abdominalis とされている種と同じなのではないかという結論になりました。HepotaさんやBABAさんのものとは繭の形も一致します。体長は約1.5mm、翅端まで約1.9mmです。

_dsc62452

_dsc6258edit

_dsc62832

(2016.08.05・舞子墓園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

トサカグンバイ・幼虫の脱皮

ネジキの葉の裏で、トサカグンバイの幼虫が脱皮していました。
以前に掲載したナシグンバイと同じようなものですが、こういう場面はやはり最後まで見届けたくなります。

_dsc60282

_dsc60362

_dsc60392
脱皮殻のお尻の先に排泄物らしき塊が見えます。脱皮中の足場を安定させるための接着剤として使っているのではないかと想像しているのですが、どうでしょうか。

_dsc60772

_dsc60822

_dsc60962
全体が抜け出しました。各部の突起や触角の毛の先に並んでいる透明の玉は脱皮殻に残っていて、新しい体表にはついていません。脱皮後あらためて分泌するようですが、何のためのものでしょうか。

_dsc60992
脱皮後の体長は約1.4mmです。

_dsc5996edit
別の葉の幼虫たち。

_dsc6174edit
脱皮後間もない成虫もいました。時間が経つとこんな色になります。

(2016.08.05・舞子墓園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

クロツヤテントウ

カキの葉の裏についていた黒くて小さなテントウムシです。
こういう虫は地味だしこれといった特徴もないし調べても種名の分かる見込みも少なそうだし、ということで見ないふりをして通り過ぎることが多いのですが、この日は他にたいしたものも見つかりそうにないので被写体になってもらいました。
写真を見ながら保育社の甲虫図鑑の検索表を、いつものように確認できない部分はとばしながら辿ってみると、背面はほとんど無毛で光沢あり、頭楯は眼の前方で側方にひろがらない、前胸腹板は後端の丸い三角形、腿節は扁平、などの特徴からツヤテントウ族 Serangiini、さらに頭部や腿節の色、体長、分布域などからクロツヤテントウ Serangium japonicum となりました。たぶん合っていると思います。

_dsc59532

_dsc59662
コナジラミ類を捕食するそうです。

_dsc59782_2
ひっくり返してみました。

_dsc59872
しばらくすると触角を伸ばし始めました。

_dsc59742
脚が体のくぼみにぴったり納まる構造に感心します。

(2016.08.05・舞子墓園)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

オオトモエ

6年ぶりに撮影したオオトモエ。
場所も季節も見つけた状況も前回とほとんど同じですが、今回の個体は残念ながら翅がかなり傷んでいます。
やはり足元からふいにとび出して、少し離れた土手にとまりました。たいがい地表近くに着地するので飛んで行った先をよく見定めておいて慎重に近付いて撮影すればよいのですが、なにしろこの色模様ですから、とまった場所がわかっていてもなかなか見つからないことがあります。

_dsc7659edit

(2016.07.29・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ゴミグモの幼体

コナラの幹で小さな円網を張っていたゴミグモの幼体です。

_dsc76422
巣の主がカムフラージュのために集めたゴミも、周囲の糸に引っかかっているゴミも一様に同じ木屑からなっています。

_dsc5747edit

_dsc57832
通常の、獲物の残骸などを寄せ集めた巣に比べるとちょっと清潔な感じがしますが、実はこの木屑はナラ枯れ菌の媒介者であるカシノナガシンクイの幼虫が排出したものなのです。
この公園にはもともとコナラの木が多かったのですが、昨年ころからこの病気のために甚大な被害を被っていて、すでに多数の木が拡散予防のため伐採されてしまいました。このゴミグモが巣を張った木も遠からず伐採されるものと思われます。

_dsc57742
体長約2.5mm。

_dsc57922

(2016.07.29・学が丘北公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ヒロクチバエ科の一種(Neohemigaster sp.)

* 2016.08.28・追記 *

下の記事の中で引用した「一寸のハエ・・・」のコメントを書かれた茨城@市毛さんから、「写真のヒロクチバエは、「東洋区に分布する Neohemigaster 属の1種です。」と教えていただきました。タイトルにも属名を入れておきます。

コナラの幹を派手な色合いのハエが歩き回っていました。。
初めて見る種で、ヒロクチバエの仲間らしいのでその線で探すとAclerisさんの「いもむしうんちは雨の音」に同種と思われるものが掲載されていました。

_dsc56422
Aclerisさんが引用されている「一寸のハエに五分の大和魂・改」の記事にやはり同種と思われるハエが登場していて、「PterogeniaかEuprosopiaの1種だと思います。」というコメントがついています。

_dsc56692

_dsc56742
この個体は雌だったようで、忙しく歩きながらときどき産卵管を伸ばしていますが、ほとんど立ち止まらないのでうまく撮れません。

_dsc56672
大きな口器と美しい複眼。

_dsc56542
先端が切れていますが、翅脈がはっきり見える写真はこれだけでした。

_dsc76782
これは同じ日、マテバシイの幹で樹液を吸っていた別個体です。

_dsc76812
背面の黒色部がやや広いようですが、これも雌でしょうか。体長は先の個体と同じ、約7mmです。

(2016.07.29・学が丘北公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

ウスベニチャタテ・孵化

ハゼノキの葉の裏で、ウスベニチャタテの卵が孵化していました。

_dsc55692_3
卵から出てきた幼虫が4匹。卵殻そのものにはピントが合っていませんが、色の薄いのはすでに幼虫が出た後のようです。

_dsc55712
母虫の産卵とその後の糸かけの様子はこちらに出していますが、かけられた糸はケチャタテ類(こちらこちら)やウスイロチャタテに比べると疎らです。その代わりかどうか糸の上に小さな粒が並んでいますが、粘着性でもあるのかどうか、よく分かりません。

_dsc55742_2
孵化の際にこの糸が邪魔にならないのかと、いつも不思議に思います。

_dsc55852_2
同じ葉裏の少し離れた場所に集まっていた孵化幼虫。体長約0.75mmです。

(2016.07.29・学が丘北公園)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

オオホシカメムシ

先日掲載したガマカスミカメヒメダルマハナカメムシ?はどちらもアカメガシワで見つけたものですが、この植物を好むカメムシと言えばまずこのオオホシカメムシ Physopelta gutta ですね。

_dsc7502edit_2
よく似た種に同属のヒメホシカメムシ P.parviceps がいて、やはりアカメガシワでよく見られますが、オオホシの方が腹部が赤いというのが区別点の一つだそうです。

_dsc54692_2

_dsc55142_2
実に口吻を突き刺して吸汁しています。

_dsc7538edit_2
交尾中の雌雄もあちこちの枝先で見られました。

(2016.07.29・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

ヒメグンバイ幼虫とタカラダニの一種

アベマキの葉の裏のヒメグンバイ幼虫です。

_dsc53092
葉面に口吻を突き刺して吸汁していますが・・・。

_dsc53042
背中には大きなタカラダニがとりついています。

_dsc52803
グンバイ幼虫は体長約1.2mm、タカラダニは0.5mm。

_dsc52882
背中に並んだ突起はダニ除けにはならないようです。

_dsc52952
こんな大きな荷物を背負っていてはこれ以上成長するのは難しいでしょうね。

(2016.07.23・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウスバフタホシコケガ

これはウスバフタホシコケガだと思います。イヌビワの葉裏にとまっていました。

_dsc5076edit
前翅長6mmくらいです。

_dsc5105edit_2
ふかふかと手触りの良さそうな翅です。

_dsc5123edit

_dsc51532
細い毛のような鱗紛。それともこの下に普通の鱗紛が隠れているんでしょうか。

_dsc51102

(2016.07.23・明石公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

セマルヤリダニ属の一種?(改題)

* 2016.08.14・追記とタイトル変更 *

Tinea3さんからEvimirus(ヤリダニ科セマルヤリダニ属 )のようにも見えるとコメントをいただきました。ご紹介いただいた画像を見ると確かによく似ているので、イトダニ科の一種?としていたタイトルを変更しました。

枯れ枝の樹皮下にいた、体長1.2mmほどのダニ。以前BABAさんが?ササラダニ ( Oribatida )の一種として掲載されていたものと同じ種だと思います。
同種、もしく近縁種と思われるものはフッカーSさんのサイトでも紹介されていて、そちらではイトダニ科の一種とされていました。そこで触れられているようにUropodidaeで検索すると同じような、体全体がお皿かボウルのような背甲に覆われた体形のダニの画像が多く見られます。大雑把な印象ではこちらの方が近いように思われるので、この記事では疑問符つきでイトダニ科としました。

_dsc49652
まるでヘルメットの下から足が出て歩いているような。

_dsc49862
イレコダニの一種に出くわしました。

_dsc49692
縁と平行に走るきれいな線はまるで工業製品のようです。

_dsc49913
真上から見ると体は完全に背甲の下に隠れて見えません。

_dsc49922
体の下面がわずかに見えます。詳細な構造はBABAさんの見事な深度合成画像をご覧ください。

_dsc50072

(2016.07.23・明石公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

クロツツマグソコガネ

林の中に転がっていた枯れ枝の樹皮を剥がすと出てきました。
甲虫図鑑でクロツツマグソコガネ Saprosites japonicus と当たりをつけ、ネットで探すとフッカーSさんBABAさんの記事が出てきました。同種で間違いないと思います。マグソコガネの名はあっても朽木の中で暮らしている種のようです。

_dsc48722
まずは裏面から。最初出てきた時、この状態でした。恥ずかしくて両手で顔を隠しているといった格好です。

_dsc48932
しばらくすると動き始め、ようやく顔が見えました。

_dsc49162
なんとか起き直りました。体長は約3.5mm。

_dsc49232
眼がどこにあるのやら・・・。

_dsc49322
触角が出てきましたが、正面からでは複眼がほとんど見えません。文字通り楯の様な頭楯です。

_dsc49392
前脛節と触角。ピンボケですが複眼も見えます。

(2016.07.23・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヤスデの子ども(ハガヤスデ科?)