« シバンムシ科の一種 | トップページ | カシワノミゾウムシ »

2010年4月15日 (木)

オドリバエ科の一種

体長4mmほどの小型のオドリバエの一種です。大きな複眼をもったハエを捕えていました。
_dsc0061
虫探しを始めて意外に思ったことの一つは、ハエ・アブの仲間に捕食性の種が多いことです。
大型のムシヒキアブ科をはじめ、このオドリバエ科や小さなアシナガバエ科がそうですし、ヒメフンバエやカマバエも捕食性です。
他にも私には所属のわからない小型のハエで、小昆虫をとって食べる種が多いようです。
ところでこのオドリバエの仲間は、オスがメスに自分の捕えた獲物を「プレゼント」し、メスがそれを食べている隙にに交尾をするという習性で有名ですが、今回その場面は見られませんでした。

(2010年4月9日・明石公園)

|

« シバンムシ科の一種 | トップページ | カシワノミゾウムシ »

双翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オドリバエ科の一種:

« シバンムシ科の一種 | トップページ | カシワノミゾウムシ »