« ナタネガイ(改題) | トップページ | ヤナギルリハムシ »

2010年6月 1日 (火)

エノキノミゾウムシ

エノキの若葉に点々と食痕をつけている小さなゾウムシです。

_dsc1319_2
体長2mm半ほどのエノキノミゾウムシです。公園内のほとんどのエノキが被害にあっています。

_dsc4670
葉の裏側から、表皮だけを残して食べています。

_dsc4709
図鑑にも色彩変異が大きいとありますが、個体によって赤っぽいのと黒っぽいのがいるようです。それぞれ後ろに糞を残しながら葉を食べていますが、刺激すると太い後脚でノミのように跳ねて逃げます。

(2010年5月27日・明石公園)

|

« ナタネガイ(改題) | トップページ | ヤナギルリハムシ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

エノキはナナフシやアカボシゴマダラ探しで結構くまなく見ているつもりでしたが、
こんなちっちゃいゾウムシがついているんですね。
知りませんでした。

こちらでエノキの立ち枯れを探しているんですが、
ここはエノキ自体があんまりなくて、残念です。

投稿: 夏子 | 2010年6月 1日 (火) 23時51分

夏子さん、おはようございます。
相変わらず小さなものばかりに目が行きます。
でもこの場所にはナナフシもアカボシゴマダラもいません。と思っていたらこの春、ナナフシの幼虫を初めて一匹見つけました。
エノキの立ち枯れからはこれからの季節、タマムシや大型のオナガバチが出てくるはずなので楽しみにしていますが、場所によっては危険だとの理由で伐採されてしまうのが残念です。

投稿: おちゃたてむし | 2010年6月 2日 (水) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/48512183

この記事へのトラックバック一覧です: エノキノミゾウムシ:

« ナタネガイ(改題) | トップページ | ヤナギルリハムシ »