« ミミズク | トップページ | ヒメクロゴキブリ »

2010年7月 1日 (木)

ウスベニチャタテの孵化(タイトル変更)

前回のミミズクと同じ日にやはりヤブツバキの葉裏で、チャタテムシが孵化を始めていました。

_dsc9755
この金色の卵はよく見かけるのですが、孵化の様子を見るのはこれが初めてです。

_dsc9742
出てくる動きは非常に遅くて、しばらく見ていても一向に進みません。全身が現れるのを撮りたかったので30分ばかり近くをぶらついてから戻って来ましたが、全く進展が見られずあきらめました。

_dsc9673
同じ葉の、少し離れた場所でかたまっていた幼虫です。同じ卵塊から先に孵化してきたものでしょう。体長1mm足らずです。

(2010年6月22日・神戸市垂水区 学が丘北公園)

* 12月28日・追記と訂正 *

小さな幼虫と卵だけで、成虫の姿の見当もつきませんでしたが、psocodea さんからウスベニチャタテ Amphipsocus japonicus (ケブカチャタテ科)であろうと教えていただきました。(コメント参照)以前こちらに出していた成虫も同じ種であるとのことです。この大きさの幼虫では、想像がつきません。タイトルを「チャタテムシの一種の孵化」から表記のように変更しました。

|

« ミミズク | トップページ | ヒメクロゴキブリ »

チャタテムシ目」カテゴリの記事

コメント

ケブカチャタテ科 Amphipsocidae のウスベニチャタテ Amphipsocus japonicus でしょう.卵は初めて見ました.

投稿: psocodea | 2010年12月28日 (火) 09時51分

psocodea さん、ありがとうございます。
卵や抜け殻はいくらでもあるのに、孵化の場面を見たのはまだこの時一度きりです。来年は他種の孵化も撮りたいものです。

投稿: おちゃたてむし | 2010年12月28日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/48764436

この記事へのトラックバック一覧です: ウスベニチャタテの孵化(タイトル変更):

« ミミズク | トップページ | ヒメクロゴキブリ »