« キボシツツハムシの産卵 | トップページ | ニホンミツバチ »

2010年7月 4日 (日)

ヨツボシテントウの幼虫

見慣れない姿の幼虫がコナラの葉の裏で、アブラムシを捕えていました。体長2.5mmほどの扁平な小判型です。

_dsc9444
捕食しているのは間違いなさそうですが、噛みついているのか突き刺しているのか、この角度ではよく見えません。

_dsc9450_2
反対側から見ても同じです。しかし2匹の体の間が空いているので、どちらかと言えば口吻を突き刺しているように見えます。

_dsc9468b
横から見ると、アブラムシの脚の一本に噛みついていることがわかりました。脚から体液を吸っているようです。

_dsc9481
何の仲間かすら見当がつかないので、口器の形を見てみようと仰向けになってもらいました。どうもテントウムシの幼虫に似ているようです。
その線でいくつかのサイトを当たってみた結果、ヨツボシテントウの幼虫に落ち着きました。成虫はこの場所でも珍しくはないので、間違いなさそうです。しかし幼虫がこんな格好をしているとは全く知りませんでした。

(2010年6月22日・神戸市垂水区 学が丘北公園)

|

« キボシツツハムシの産卵 | トップページ | ニホンミツバチ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/48792012

この記事へのトラックバック一覧です: ヨツボシテントウの幼虫:

« キボシツツハムシの産卵 | トップページ | ニホンミツバチ »