« ナワコガシラウンカ | トップページ | キボシマルウンカの幼虫とカマバチの幼虫 »

2010年9月10日 (金)

キボシマルウンカ

一見甲虫のように見えるウンカです。好きな虫の一つなのですが、このあたりではやはり少し山に入らなくては見つかりません。

_dsc7384
コバノミツバツツジの葉の上にいました。
驚かすとぴょんと跳ねて逃げますが、翅をひろげて長距離を飛ぶこともあるのでしょうか。やはりテントウムシのように上翅を持ち上げ後翅を羽ばたかせて飛ぶのかどうか、一度見てみたいと思います。

_dsc7390
顔を正面から撮りたかったのですが、レンズを近づけるとくるりとそっぽを向いてしまうので、こんな写真しか撮れませんでした。ウンカの仲間はどれも奇妙な顔をしています。

(2010年8月31日・神戸市北区 森林植物園)

|

« ナワコガシラウンカ | トップページ | キボシマルウンカの幼虫とカマバチの幼虫 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんいちは!

なかなか鮮やかな良い色をしたマルウンカですね!
残念ながら、マルウンカの類はここではチョッと無理みたいで、まだ出会ったことがありません。
触覚がないと思ったら、目の下に有ったんですよね(^^;。

投稿: そら | 2010年9月10日 (金) 12時32分

こんばんは、
見事な色と上翅の模様の虫ですが、はじめて知りました。
マルウンカという種も知りませんでした。
一枚目の左側上翅のテカリはストロボの光でしょうか?。
リングストロボをお使いなのだと思いますが、
半球体の虫にはリングでも影響があるのでしょうか?。
会ってはみたいけれど、小さくて見つけるのに苦労しそうですね(^^)。

投稿: jkio | 2010年9月10日 (金) 17時30分

そらさん、こんばんは。
我が家の近所でも平地にはいないようです。北隆館の図鑑にはマルウンカよりもこのキボシのほうが少ないように書いてありますが、神戸近辺の山で見る割合は双方同じくらいです。
触角は、太短かい根元から細いヒゲの様なのが伸びているのですが、この写真ではよく見えませんね。

投稿: おちゃたてむし | 2010年9月10日 (金) 20時39分

jkioさん、こんばんは。
ご推察通りストロボのテカリです。ディフューザーをつけた通常の小型ストロボを、レンズの真上に置いています。
リングライトは、虫の体の下が陰にならなくていいのですが、その分立体感が薄れるのと、光沢の強いものを撮ったときにリング状の反射が出てその部分が凹んだように見えるのが嫌なので、使っていません。
欲を言えば被写体の周囲を覆うような巨大なディフューザーかレフ板でも欲しいところですが、野外では実際的ではないですね。
やはりこういう光り物はそらさんのように自然光で撮るのが一番だと思います。

投稿: おちゃたてむし | 2010年9月10日 (金) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キボシマルウンカ:

« ナワコガシラウンカ | トップページ | キボシマルウンカの幼虫とカマバチの幼虫 »