« セモンジンガサハムシ | トップページ | キイロシリアゲアリとカバイロトゲマダラアブラムシ »

2010年9月19日 (日)

ネズミエグリヒラタマルハキバガ

ムクノキの葉に映った奇妙な形の影。

_dsc6420
そっと枝をひき下ろすと・・・。

_dsc8442
小さな蛾です。

_dsc8445
横から見ると長い下唇鬚が目立ちます。
手持ちの保育社の図鑑には
ネズミエグリバキバガ(ヒロバキバガ科)とありますが、念のため「みんなで作る日本産蛾類図鑑」 で調べるとネズミエグリヒラタマルハキバガ(エグリヒラタマルハキバガ類)という、素敵な名前に変わっていました。
50年の間に変更があるのは当然でしょうが、カタカナで15文字というのは長いものの多い昆虫の和名のなかでもかなり上位に入るのではないでしょうか。
覚えておいて人を驚かせてやりたいような名前です。

(2010年9月9日・三木市 三木山森林公園)

|

« セモンジンガサハムシ | トップページ | キイロシリアゲアリとカバイロトゲマダラアブラムシ »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

こちら多摩丘陵でもよく見られますが、みごとな擬態ですよね。
近似種がいるので、大きさがわかるようであれば、書いておいた方が良いかもしれません。

いちおう、今まで撮影したことがあるもの中で、「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」19文字。

投稿: Hepota | 2010年9月19日 (日) 23時51分

Hepotaさん、ご助言ありがとうございます。
早速撮影倍率から計算してみると、頭端~翅端で約7.5mmなので前翅長は6mmちょっとでしょうか。
倍率を記録するのは面倒でよく忘れます。
私のカメラにもHepotaさんの開発されたPotomeXのような測定ソフトが使えれば嬉しいのですが。

19文字ですか。上には上があるもんですね。

投稿: おちゃたてむし | 2010年9月20日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/49491873

この記事へのトラックバック一覧です: ネズミエグリヒラタマルハキバガ:

« セモンジンガサハムシ | トップページ | キイロシリアゲアリとカバイロトゲマダラアブラムシ »