« ツマグロスケバ | トップページ | オオズアリ »

2010年9月23日 (木)

グンバイカスミカメ

ナシグンバイを捕えたグンバイカスミカメです。

_dsc9251
グンバイムシを専門に捕食するカメムシです。
各種のグンバイムシを獲物にするようですが、この公園ではナシグンバイが一番多いので、それの寄生したサクラの葉を探せばときどき見つかります。
ただこの虫も今年は少ないのか、お花見でもないのに首が痛くなるほどサクラの葉裏を見上げて歩いてようやくこの一匹を見つけました。

_dsc9279
上から見ると獲物のグンバイムシと同じくらいの大きさでちょっと見分けがつきにくいくらいですが、横から見ればはるかに体の厚みがあって強そうです。背中の突起も特徴的です。
獲物を捕えるとまずこのように裏返してから軟らかい腹部に口吻を突き刺すそうですが、その過程はまだ見たことがありません。

_dsc9320
複眼の大きな細身の顔はいかにも捕食者という印象です。
おそらく幼虫もやはりグンバイムシの幼虫を獲物にしているのではないかと思いますが、まだ見たことがありません。成虫でこそどうにか肉眼でも見分けがつきますが、グンバイムシの幼虫の群れのなかからこの虫の幼虫を探すのは虫眼鏡を使わないと無理でしょう。

(2010年9月17日・明石公園)

|

« ツマグロスケバ | トップページ | オオズアリ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

体液を吸うカメムシですが、後ろから近付いてブチって口吻を突き刺し込むのかと思ってました。
イモムシ何かだと、これでも良いのでしょうが、固い殻がある相手だと技を使う訳ですね(^^)。
グンバイカスミカメは前に一度だけ撮りましたが、その時は名前だけ調べて終わりになってましたが、名前にグンバイが付いている意味が分かりました。

投稿: そら | 2010年9月23日 (木) 23時14分

そらさん、おはようございます。

獲物をひっくり返すところは見ていませんが、捕食の現場を見るときはいつもこの体勢です。
ただ一度、ヘクソカズラグンバイの幼虫を捕えた場面では、背面に口吻を突き刺して吸汁していました。
小さい獲物の場合は余計な手間をかけないのかも知れません。

投稿: おちゃたてむし | 2010年9月24日 (金) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グンバイカスミカメ:

« ツマグロスケバ | トップページ | オオズアリ »