« ハムシの蛹? | トップページ | ニッポンオナガコバチ(改題) »

2010年11月30日 (火)

クロウリハムシ

ちょっと古い写真です。

_dsc9258

ケヤキの幹についたアオイラガ類の古い繭。お尻だけ見えているのはクロウリハムシです。

_dsc9263
すぐ隣の繭では頭が見えます。

_dsc9266
こちらでも。
この狭い場所にいったい何匹入っているんでしょうか。
すでに越冬態勢なのでしょうが、このままこの場所で一冬過ごすのかどうか、その後を見ていないのでわかりません。

(2008年11月17日・神戸市垂水区 奥須磨公園)


|

« ハムシの蛹? | トップページ | ニッポンオナガコバチ(改題) »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

何も、狭いところにすし詰めにならなくても良いと思いますが、狭いところに大勢で入っていた方が暖かいのでしょうか?
出るときは、順番を間違えたら出られなくなってしまいそうですね(^^)。

投稿: そら | 2010年11月30日 (火) 18時00分

そらさん、おはようございます。
アオイラガ類の繭の殻では、他にも虫が隠れていたり、一度は中にクヌギカメムシの卵がおさまっているのも見たことがあります。
利用しやすいんでしょうね。
でもこの場合は確かに狭すぎるように見えます。

投稿: おちゃたてむし | 2010年12月 1日 (水) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/50170289

この記事へのトラックバック一覧です: クロウリハムシ:

« ハムシの蛹? | トップページ | ニッポンオナガコバチ(改題) »