« ハラビロクロバチ科の3種(Synopeas & Inostemma ) | トップページ | クチキコオロギ »

2011年1月 6日 (木)

ベニヘリテントウとムーアシロホシテントウ

3日ほど前に出したウシカメムシと同じく、ヤツデの枯葉の間にいたテントウムシたちです。

_dsc6905
ヤツデの葉は大きくて丈夫な上に、枯れると自然に折り畳まれて多くの襞が出来、越冬昆虫の恰好の隠れ場所になるようです。

_dsc6910
こちらはムーアシロホシテントウです。夏の活動中よりも、こうやって越冬している姿の方をよく見るような気がします。

_dsc6906_2
このベニヘリテントウは他ではあまり見かけないのですが、餌になるオオワラジカイガラムシが毎年多く発生するせいか、この公園ではよく見かけます。幼虫の捕食の様子はこちらに出しています。

(2010年12月26日・神戸市垂水区 学が丘北公園)

|

« ハラビロクロバチ科の3種(Synopeas & Inostemma ) | トップページ | クチキコオロギ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/50506374

この記事へのトラックバック一覧です: ベニヘリテントウとムーアシロホシテントウ:

« ハラビロクロバチ科の3種(Synopeas & Inostemma ) | トップページ | クチキコオロギ »