« チョウバエ科の一種 | トップページ | ミスジミバエ »

2011年2月 9日 (水)

オオバコトビハムシ

ケヤキの樹皮の下にいた極小サイズのハムシです。

_dsc0796
体長は上の大きいので約1.9mm、左下ので1.6mm位です。

_dsc0804
ドーナツ型に光っているのはリング型のディフューザーのせいです。
手持ちの甲虫図鑑で調べると、サイズからかなり選択肢が限られてきます。その中ではオオバコトビハムシ Longitarsus scutellaris がもっとも近いと判断しましたが、どちらかと言えば消去法でたどり着いたのであまり自信はありません。

(2011年2月1日・神戸市須磨区 奥須磨公園)

|

« チョウバエ科の一種 | トップページ | ミスジミバエ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/50818354

この記事へのトラックバック一覧です: オオバコトビハムシ:

« チョウバエ科の一種 | トップページ | ミスジミバエ »