« ヤマトクサカゲロウ | トップページ | ムラサキシジミ »

2011年3月 4日 (金)

ワモンサビカミキリ

ヤツデの枯葉の襞の中に隠れていたワモンサビカミキリです。

_dsc1489
秋に成虫が羽化するそうで、この場所では冬に見られる唯一のカミキリムシだと思います。

_dsc1490
枯れ木の樹皮の下で見つけることもあり、また春になって枝先にしがみついているのも撮影していますが、動いている所はまだ見たことがありません。

(2011年2月22日・明石公園)

|

« ヤマトクサカゲロウ | トップページ | ムラサキシジミ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

ヤツデの枯れ葉に関しては、やっぱり兵庫の方が当たりが多いような気がします。単に、探し方の問題かも知れませんが(^^;。
個人的なイメージだと、カミキリムシが越冬と言うのは考えられませんけど、同じ甲虫のテントウムシは越冬するので、有りなんでしょうね。
ワモンサビカミキリ君、春がくるのを夢見ながら寝てたのに、おじゃま虫に邪魔されてしまいましたね(^^)。

投稿: そら | 2011年3月 4日 (金) 12時33分

そらさん、こんばんは。
横浜では不漁ですか。こちらでは2月に入った頃から、ヤツデなどの葉裏の小さな虫が急に少なくなったように感じています。
越冬するカミキリムシと言うと、カクレミノの枝にしがみついたタテジマカミキリの写真をよく見ますが、我が家の近所ではカクレミノはいくらでも生えていてもこのカミキリはいないようです。

投稿: おちゃたてむし | 2011年3月 4日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/51026800

この記事へのトラックバック一覧です: ワモンサビカミキリ:

« ヤマトクサカゲロウ | トップページ | ムラサキシジミ »