« ヒメコバチ科の一種(?Aprostocetus sp.) | トップページ | ゾウリムシの一種 »

2011年3月17日 (木)

イスノフシアブラムシ

昨年12月の末に、アラカシのひこばえで産卵するイスノフシアブラムシを撮っています(こちら)が、同じ場所で3月に入ってもまだ産卵しているのが見られました。

_dsc3145
生まれてきた幼虫の体の後部が光っているのは、まだ卵殻に覆われている部分でしょう。

_dsc3204
約15分後。卵殻はお尻の先に押しやられて、脚をひろげています。

_dsc3159
こちらの幼虫は体の背腹の向きが母親と逆です。アブラムシの出産はいろんな種で見ていますが、お腹を上に向けて出てくるのは初めて見ました。
それにしてもこのアブラムシは、冬の間ずっと出産を続けていたのでしょうか。

(2011年3月2日・明石公園)

|

« ヒメコバチ科の一種(?Aprostocetus sp.) | トップページ | ゾウリムシの一種 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

これも、逆子でしょうか(^^;。
初めて見る形の、アブラムシです!
子供が、お尻の先のフタが開いて出ているのが面白いですね(^^)。

投稿: そら | 2011年3月17日 (木) 20時40分

そらさん、こんばんは。
前後ろではなく表裏が逆なので、逆子とは言わないかも知れませんね。
アラカシの枝ではこれまでにも見ていたのですが、なにぶんこんな格好なので、最近まで私もカイガラムシの一種だろうと思っていました。

投稿: おちゃたてむし | 2011年3月17日 (木) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/51141335

この記事へのトラックバック一覧です: イスノフシアブラムシ:

« ヒメコバチ科の一種(?Aprostocetus sp.) | トップページ | ゾウリムシの一種 »