« ハナカメムシ科の一種の幼虫 | トップページ | ヒメコバチ科の二種(改題) »

2011年4月25日 (月)

サツマキジラミ

ひと月ほど前にシャリンバイの芽に産卵するサツマキジラミを紹介しましたが、(こちら)今回もう少しわかりやすい写真が撮れたので再度掲載します。

_dsc7273
前回はまだ固い芽の隙間に産みこんでいましたが、今回はほころび始めた新葉の裏に産卵しています。

_dsc7353_2
すぐに逃げてしまった前回と異なり、今回のモデルは大変協力的でゆっくり撮影をすることが出来ました。何度か向きを変えながら長い間産卵を続けていました。

_dsc7383
母虫が立ち去った後の卵です。葉裏の絡み合った毛の間に埋め込むように産み付けられていますが、色が薄いので探すのもピントを合わせるのもひと苦労です。
長さ0.3mm前後です。

(2011年4月21日・神戸市中央区)

 

|

« ハナカメムシ科の一種の幼虫 | トップページ | ヒメコバチ科の二種(改題) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
最後の写真は、本当の撮りにくそうな被写体ですね!
小さな虫は複眼がピント合わせの目安になるので良いのですが、全体的にピントがあるようにするのに、カメラの位置合わせがなかなか大変ですよね!
いつも感心してみてますが、小さい虫の方がバックが暗くなりにくいのでよりキレイに見えるのかな(^^)。

投稿: そら | 2011年4月25日 (月) 12時51分

そらさん、こんばんは。
ほんとに、合わせたいところになかなか合わなくてイライラすることが多いですね。何度も撮りなおしてはモニタで確認を繰り返している間に被写体が逃げてしまったりするとがっかりします。
おっしゃるとおり、小さい被写体の方が背景の処理がしやすいかも知れません。いつも小物ばかり相手にしているとたまに大物に出くわした時に慌てます。

投稿: おちゃたてむし | 2011年4月25日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/51488534

この記事へのトラックバック一覧です: サツマキジラミ:

« ハナカメムシ科の一種の幼虫 | トップページ | ヒメコバチ科の二種(改題) »