« キクイムシ科の一種 | トップページ | フタイロカミキリモドキ »

2011年5月17日 (火)

ハリブトシリアゲアリ

晴れた日の午後遅く、エノキの幹の低い所に集まっていたハリブトシリアゲアリです。

_dsc2857
アブラムシでも居るのかと思えばそうでもありません。

_dsc9698
近づいてよく見れば、お互い同士でひたすら舐めあっているようです。

_dsc9771

_dsc9793

_dsc9814

_dsc9757
以前にも何度かこのような光景を見たことがありますが、憶えている限りではすべてこのハリブトシリアゲアリだったように思います。巣に共通の匂いを強化するとか、何か集団の維持に関連した行動だと思うのですが、勉強不足でよくわかりません。

(2011年5月6日・明石公園)

|

« キクイムシ科の一種 | トップページ | フタイロカミキリモドキ »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

面白いとこに眼をつけますねー。ひなたで毛づくろいをするサル山の集団、と同じ機能だろうと見るのには同感します(くすぐったくて身をよじるネコのようでもあり)。    でも、なんで外で? 別集団の交流会??

投稿: ezo-aphid | 2011年5月17日 (火) 11時43分

ezo-aphidさん、こんばんは。
ほんとに、サルの群れのグルーミングみたいだと私も思いました。ひょっとしてサルが虱を取るように、病気かカビの予防効果でもあるんでしょうか。

投稿: おちゃたてむし | 2011年5月17日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/51692931

この記事へのトラックバック一覧です: ハリブトシリアゲアリ:

« キクイムシ科の一種 | トップページ | フタイロカミキリモドキ »