« コオロギの一種の幼虫 | トップページ | アオマダラタマムシ »

2011年6月27日 (月)

アオツヤキノコゴミムシダマシ

エノキの枯れ木でキノコを食べていた小型の甲虫です。

_dsc3094
体長4.7~4.8mmで、手元の甲虫図鑑からアオツヤキノコゴミムシダマシ Platydema marseuli Lewis と判断しました。

_dsc3123
複眼の間に短い角が生えているので、これがオスでしょう。

_dsc3104
こちらは複眼間の突起がごく短く、メスだと思います。1枚目の2匹も同じでしょう。右の触角の先が欠けています。

_dsc3120
この個体も同じ集団の中にいたので同種だと思うのですが、体長は4mm足らずとかなり小さく、複眼間の突起も見えません。発育の悪いメスでしょうか。

(2011年6月22日・明石公園)

|

« コオロギの一種の幼虫 | トップページ | アオマダラタマムシ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/52055802

この記事へのトラックバック一覧です: アオツヤキノコゴミムシダマシ:

« コオロギの一種の幼虫 | トップページ | アオマダラタマムシ »