« ミバエ科の一種 | トップページ | ヤムシの一種 »

2011年7月26日 (火)

ヨツボシテントウ幼虫とアミメアリ

画面中央の奇妙な格好の虫は1年前にも紹介しましたが、ヨツボシテントウの幼虫です。

_dsc4339

多くのテントウ類と同じくアブラムシの捕食者で、ヌルデの枝のハゼアブラムシを狙って来たのだろうと思いますが、周囲にはアブラムシの甘露を求めてやってきたアミメアリがうろついています。

_dsc4371
アブラムシに混じったヨツボシテントウの幼虫を、アリは攻撃する様子もありません。むしろアブラムシに対すると同じように、触角で触れて甘露を催促しているような行動で、アリにとっては少し大きなアブラムシとしか見えていないのではないかと疑わせます。

_dsc4506
こちらはアベマキの葉裏にいた一回り大きな幼虫。体長4.2mmほどあります(最初のは約2.4mm)。ここではアブラムシは1匹もいないのに、何匹かのアミメアリがまとわりついて盛んに触角で触れています。
新開孝さんの「ひむか昆虫記」にはこの幼虫がムラサキシジミの幼虫の背中に乗っかった様子や、周りのアリたちが全く無関心なことなどが紹介されています。やはり何らかの、多分化学的な擬態が発達しているのではないかと、素人は空想してしまいます。

(2011年7月15日・明石公園)

|

« ミバエ科の一種 | トップページ | ヤムシの一種 »

半翅目」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/52310538

この記事へのトラックバック一覧です: ヨツボシテントウ幼虫とアミメアリ:

« ミバエ科の一種 | トップページ | ヤムシの一種 »