« チャタテ科の一種(Amphigerontia contaminata)(改題) | トップページ | ナワニジヒメバチ(改題) »

2012年1月27日 (金)

カモドキサシガメの一種の幼虫(Empicoris sp.)

カモドキサシガメの仲間はいつもうろついている公園ではあまり見かけないのですが、たまに越冬中の成虫や幼虫が見つかることがあります。種名はわかりませんが先月出した成虫と同じ、Empicoris 属だと思います。

_dsc7536
カクレミノの葉裏で、クモの残した糸が縦横に走っている間にいました。細長い体とだんだら模様の脚や触角はイトカメムシの幼虫にも似ています。

_dsc7563
アップで。体中に細かい毛が生えています。

_dsc7579
体長は約3.6mmです。

(2012年1月17日・神戸市垂水区 舞子墓園)

|

« チャタテ科の一種(Amphigerontia contaminata)(改題) | トップページ | ナワニジヒメバチ(改題) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カモドキサシガメの一種の幼虫(Empicoris sp.):

« チャタテ科の一種(Amphigerontia contaminata)(改題) | トップページ | ナワニジヒメバチ(改題) »