« コナジラミの一種と脱出に失敗した寄生バチ | トップページ | ヨコエビ類 »

2012年3月11日 (日)

コナジラミ3種

前回の記事に続いてコナジラミ類です。同定はやはりHepotaさんのコナジラミ写真集を頼っていますが、写真の比較と寄主植物だけからの推定ですので間違っているかも知れません。全て幼虫あるいは蛹(蛹殻)です。

その1.イヌツゲクビレコナジラミ
  Aleuroclava hikosanensis Takahashi
_dsc19062_3

_dsc19162
楕円形の輪郭に括れがあります。イヌツゲと同じ科のモチノキについていました。体長約1mm、下は裏返したところですが、なにがなんだかわかりません。

その2.?マーラットコナジラミ ?Aleurolobus marlatti(Quaintance)
_dsc27132

_dsc2719

_dsc27242
ユズリハ(と思っているのですがヒメユズリハかも知れません)の葉裏です。1枚目は恐らく寄生虫の脱出した後の蛹殻、2枚目は成虫が正常に羽化した後の蛹殻、3枚目は若齢幼虫だと思います。Hepotaさんの
?マーラットコナジラミ ?Aleurolobus marlatti(Quaintance)と同じだと思いますが、Hepotaさん自身「違っている可能性大」と大書されているので?付きにしておきます。サイズは蛹殻が1.2~1.3mm、幼虫が0.4mmほどです。

その3.アオキコナジラミ Aleuroclava aucubae Kuwana
_dsc2746
アオキの葉裏にいたものを以前出していますが、これはトベラにいました。Hepotaさんのまとめられた寄主リストにはトベラも含まれているので、同種だと思います。長さ0.7~0.8mmです。成虫の羽化を捉えた見事な写真がHepotaさんの写真集で見られます。

(その1.2012.02.21・明石公園/その2.2012.02.28・神戸市中央区)

|

« コナジラミの一種と脱出に失敗した寄生バチ | トップページ | ヨコエビ類 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。こちらも宣伝ありがとうございます。
イヌツゲの裏は初めて見ました。透過処理された標本写真を見ると脚が写っているので、分泌物で隠されているのかもしれませんね。一度はがして見てみたいです。
その2は、ネットで探しても見つからなかったのですが、やはりいるんですね。名前を確定したいですね。

投稿: Hepota | 2012年3月11日 (日) 19時51分

Hepotaさん、
コナジラミならHepotaさん、というわけで完全に頼り切った記事になってしまいました。「コナジラミ写真集」にはこれからも度々お世話になりそうです。他力本願で恐縮ですが、今後の一層の充実を期待しております。

投稿: おちゃたてむし | 2012年3月11日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コナジラミ3種:

« コナジラミの一種と脱出に失敗した寄生バチ | トップページ | ヨコエビ類 »