« 金環蝕 | トップページ | カクツツトビケラ属の一種(Lepidostoma sp.) »

2012年5月22日 (火)

オドリバエ科の一種(Chelipoda sp.)

昨年一昨年も出したオドリバエの一種です。カマキリのような前足で獲物を捕らえた姿を久しぶりに見つけましたが、満足に撮れないうちに逃げられてしまいました。

_dsc2591

_dsc25892
獲物はタマバエの一種でしょう。前足の使い方がカマキリと同じです。ハイキング道沿いの広葉も上で何十匹も見ましたが、食事中はこの一匹だけでした。

20120511_odoribae_1c

20120511_odoribae_22
上とは別個体ですが、一匹捕らえて帰って深度合成撮影をしました。腹部が萎縮してしまったのが残念です。

(2012.05.10・再度谷)

|

« 金環蝕 | トップページ | カクツツトビケラ属の一種(Lepidostoma sp.) »

双翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オドリバエ科の一種(Chelipoda sp.):

« 金環蝕 | トップページ | カクツツトビケラ属の一種(Lepidostoma sp.) »