« ウスヅマクチバ | トップページ | キイロテントウ »

2012年6月24日 (日)

シリアゲコバチの産卵

アラカシの枯れ木に産卵するシリアゲコバチを見つけました。同じようなシーンは以前にも掲載しているのですが、このハチの産卵時の動作は奇妙なもので、何度見ても何がどうなっているのかよくわかりません。そこでこの機会に連続撮影を試みることにしました。

_dsc7456
産卵の直前。平常はこのように産卵管鞘を背負ったような姿勢で、これが和名の由来です。触角が片方中ほどで切れていますが、寄主の探索には影響ないんでしょうか。

_dsc7457
産卵行動に移ると、まず腹部が腹側に向かって折れ曲がり、
背面(第1節と2節の間あたりか?)にぱっくりと口が開きます。

* 2012.06.27・追記 *
ezo-aphdさんのコメントによれば、背面に膨らんでくる部分は普段第1腹節に隠れている第2腹節の部分で、つまりぱっくりと口を開けるのは第1腹節と第3腹節の間にあたるのだそうです。


_dsc7458
腹部は更に折れ曲がって産卵管鞘は後方に回転し、背面には膜に包まれた産卵管の一部が迫り出してきます。また腹部下面の楔状の部分(腹板?)が分離しているのが見えます。


_dsc7459
産卵管が鞘を離れました。

_dsc7461
ハチの体は目一杯持ち上がって、最終的に産卵管の先端は4分の3回転して樹皮面に垂直に突き立てられ、穿孔が始まります。腹部下面から分かれた楔状の部分はここで産卵管を保持し、穿孔に要する圧力を加える役目を担っているのだろうと思います。背面には産卵管の一部がさらに大きく張り出して輪を作っていますが、この輪は長い管の先端を樹皮の所定の位置にあてがうため産卵管が一時体内に引き込まれることによって生じるもののようです。穿孔が進むにつれこの輪は小さくなっていきますが、ここから先は時間がかかるので撮影は中断しました。
こうして見るとこのハチの産卵管は見かけよりはるかに長く、輪になって楕円形の腹部を一周していることがわかります。おそらくこの奇妙な構造と動作は、体長を超える長さの産卵管をコンパクトに収め、またそれを短い腹部で操作するための一つの解決策なのだろうと想像します。

(2012.06.13・明石公園)

|

« ウスヅマクチバ | トップページ | キイロテントウ »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

 シリアゲコバチの産卵管の取り回しの不思議さと膜状の組織を見て・・どうなってると思いました。
 ヒメバチの産卵を参考にすると予想外で驚きました。

 長い産卵管を体内に収める工夫・・・凄いですね。

投稿: syuichi | 2012年6月24日 (日) 21時54分

syuichiさん、おはようございます。
同じように長い産卵管で材中の寄主に産卵するのにも、いろんなやり方があるものだと思いました。
昆虫の魅力の一つは、こんなふうに体の機能や構造が外形にはっきり現れることでしょうね。

投稿: おちゃたてむし | 2012年6月25日 (月) 06時26分

なかなか難しいしかけで、まだ理解しきれませんが、丸めた長いピアノ線を小さな力で押しこむ構造なのでしょうね。ご指摘の半透明で膨らむ部分は、ふだんは第1腹節に隠れている第2腹節にあたるのだそうです。つまり、「第1節と3節の間がぱっくりと開く」ということです。
ところで、この種はハキリバチ類の巣内に産卵するそうですが、筒内の奥深くに届くには産卵管の長さは雌の体長の数倍は必要と思います。いったいどれくらいあるものなんでしょうね。
生態や行動についてなにか記録が無いか探しましたが、岩田久仁雄さんでは見つけられませんでした。ファーブル「昆虫記」奥本・完訳版の第3巻上には載ってるそうですが、まだ内容を見ていません。

投稿: ezo-aphid | 2012年6月26日 (火) 20時30分

ezo-aphidさん、おはようございます。
腹部第2節が隠れていたんですか。ほんとにややこしい構造ですね。“丸めた長いピアノ線”、とても適切な喩えだと思います。それにしても薄い膜状の部分が膨らんでくると内臓まで飛び出してきそうで、破れないかと心配になります。
このハチの寄主については、以前参照した森林総研の「竹筒ハチ図鑑」にオオハキリバチとツツハナバチが挙げられていましたが、この場所では後者の営巣を時々見かけるのでそのあたりではないかと思っています。竹筒の側面から産卵するのも見たことがありますが、写真のように寄主が枯れ木などに営巣している場合はかなり長い産卵管が必要でしょうね。

投稿: おちゃたてむし | 2012年6月27日 (水) 06時43分

鞘から産卵管が離れる瞬間が良いですよね。いや〜すばらしい連続写真です。シリアゲコバチの構造も凄いですね。身近に居ながら知らない事ばかりです。

投稿: BABA | 2012年6月30日 (土) 18時18分

BABAさん、
このシーンを初めて見たときはびっくりしました。寄生バチの産卵法もさまざまで面白いですね。適当な機材が調達できれば一度動画でも撮りたいのですが・・・。

投稿: おちゃたてむし | 2012年6月30日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアゲコバチの産卵:

« ウスヅマクチバ | トップページ | キイロテントウ »