« オオシロカミキリ | トップページ | ホリカワクシヒゲガガンボの産卵 »

2012年7月 5日 (木)

ムツボシタマムシ

この公園でたまに見かけるタマムシの一種です。アラカシの枯れ木で大小2匹いましたがこれは小さい方で、体長約8mmと同種としてはかなり小型です。大きい方は撮る前に飛んで行ってしまいました。

_dsc7958

枯れ木から出てきたばかりなのか背中に木屑が残っていて、しきりに脚の手入れをしています。

_dsc7955
一、二度上翅を拡げてみるのはこれからの活動に備えての準備運動でしょうか。普段隠れている部分の色の鮮やかさに驚きます。

_dsc7974
上翅の斑紋は溶けた金属を流したようです。和名は「六つ星」よりも「四つ星」が適切なような気もしますが。

_dsc7977
顔です。

(212.06.18・明石公園)

|

« オオシロカミキリ | トップページ | ホリカワクシヒゲガガンボの産卵 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

すごっ、ラピスラズリのような瑠璃色ですね。
なぜ、このような(人眼には)派手な色を隠しているのでしょう。いざという時のアピールのためと想像しますが、どういう場面で見せるのでしょうか。タマムシ科では、みんなが持ってるのでしょうかねぇ。

投稿: ezo-aphid | 2012年7月 5日 (木) 22時18分

ezo-aphidさん、おはようございます。
翅を閉じた状態では比較的地味なタマムシなのでその差に驚きましたが、ヤガ類の派手な下翅のような効果があるんでしょかね。ネット画像を見ればヤマトタマムシも腹部は鮮やかな金属光沢を持っているようですが、他の種ではどうなのか、腹部の見える画像がほとんど見当たりません。

投稿: おちゃたてむし | 2012年7月 6日 (金) 08時17分

おはようございます。
この虫も見てみたい者の一つですが、羽の下がこんな色だったとは始めて知りました。
日本の昆虫でこれだけの大きさの青い金属光沢の虫はセイボウぐらいしか思い当たりません。
すごい、の一言です。

投稿: tukik | 2012年7月 7日 (土) 11時12分

tukikさん、こんばんは。
私も初めてだったのでびっくりしましたが、普段見えない部分にこの色合いとはちょっともったいない気がします。
セイボウ類も美しい昆虫ですが、なかなか見かけませんね。

投稿: おちゃたてむし | 2012年7月 7日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/55124063

この記事へのトラックバック一覧です: ムツボシタマムシ:

« オオシロカミキリ | トップページ | ホリカワクシヒゲガガンボの産卵 »