« オオキバチビヒラタムシ | トップページ | マエキオエダシャクの幼虫 »

2012年7月19日 (木)

ミジンムシ科の一種

モチノキの枯れ枝が続きます。体長1.8~2mmくらいの肉眼ではどっちを向いているかも分からないような大きさですが、探すとたくさん歩きまわっていました。冬に樹皮の下でよく見かける虫ですが、ミジンムシ科の一種でしょう。非常に種数の多い仲間だそうです。昨年そらさんの「ご近所の小さな生き物たち」に登場したものも同じ種かも知れません。

_dsc88532

_dsc8873
上2枚は別個体です。前胸背板に隠れてなかなか見えませんが、大変小さな頭です。

_dsc8878

_dsc88812
この2枚は同一個体。はじめのに比べて黒っぽいですが、おそらく同種の個体変異でしょう。樹皮の割れ目に頭を突っ込んだりして何か食べ物を探しているように見えますが、一体何を食べるんでしょうか。

(2012.07.04・明石公園)

|

« オオキバチビヒラタムシ | トップページ | マエキオエダシャクの幼虫 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/55228471

この記事へのトラックバック一覧です: ミジンムシ科の一種:

« オオキバチビヒラタムシ | トップページ | マエキオエダシャクの幼虫 »