« ニセクビボソムシ科の一種 | トップページ | ヒサマツムシヒキ(改題) »

2012年8月18日 (土)

ヨコヅナサシガメの幼虫

ヨコヅナサシガメの幼虫が、サクラの幹に生えたキノコの上でイモムシを捕らえていました。

_dsc71552
画面の後方のキノコ上に穴のようなものが見えますが、サシガメはキノコの中に潜む幼虫を
この部分から引っ張り出したのではないかと思います。

Dsc_1480
幼虫はキノコ食の甲虫のものでしょう。ここでこの種のキノコ上によく見かける種としてモンキゴミムシダマシ、あるいはミヤマオビオオキノコのどちらかではないかと思っています。
獲物の幼虫はおそらく外部からは見えないはずですが、サシガメは下の写真のように口吻をキノコに差し込んで獲物のありかを探るようです。

_dsc5622
これは4年前に撮ったものですが、ときどき刺点を変えながら何度も口吻を突き刺していました。

_dsc5637
サシガメが探っていたキノコを崩してみるとこんな幼虫が出てきました。上の写真と同種かどうかは分かりませんが、やはり甲虫のもののようです。

これによく似た狩りの方法として、以前このサシガメの幼虫がクヌギの幹で白くクリーム状になった樹液に口吻を目一杯差し込んで、中から双翅目の幼虫と思われるウジムシ状の幼虫を引っ張り出すのを見たことがあります。よく知っているものだと感心したものです。

(1・2枚目:2012.08.08/3・4枚目:2008.08.07 明石公園)





|

« ニセクビボソムシ科の一種 | トップページ | ヒサマツムシヒキ(改題) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコヅナサシガメの幼虫:

« ニセクビボソムシ科の一種 | トップページ | ヒサマツムシヒキ(改題) »