« ヤノクチナガオオアブラムシとトビイロケアリ | トップページ | クモガタテントウの幼虫と蛹 »

2012年9月12日 (水)

クロヒョウタンカスミカメ

赤い豆果をつけたつる性の植物にホソヘリカメムシの成虫や幼虫が集まっていて、アリに似たその幼虫を追いかけているうちに、やはりアリに良く似たこのカメムシに出くわしました。

Dsc_3162
右の触角の先が欠けていますが、クロヒョウタンカスミカメだと思います。ヒョウタンカスミカメ属からは過去にこのブログでもホソヒョウタンカスミカメミツボシヒョウタンカスミカメを出していますが、そのどちらよりも体が細くて頭が大きく、よりアリに似て見えます。

Dsc_3172
図鑑によれば西南日本では同属中再普通種ということですが、撮影したのは多分これが初めてです。体長は約3mm、ついていた植物の方は後で調べるとオオバタンキリマメでした。

(2012.09.02・姫路市林田町)

|

« ヤノクチナガオオアブラムシとトビイロケアリ | トップページ | クモガタテントウの幼虫と蛹 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/55636617

この記事へのトラックバック一覧です: クロヒョウタンカスミカメ:

« ヤノクチナガオオアブラムシとトビイロケアリ | トップページ | クモガタテントウの幼虫と蛹 »