« アシナガグモ(改題) | トップページ | ムシクソハムシ »

2012年10月 7日 (日)

ツツミノガ科の一種?

アベマキの葉裏にくっついていた妙な格好のミノムシです。

Dsc_6172
以前にも一度だけ同じものを見たことがあって、その時は有名な(?)ピストルミノガというのがこれだろうと思っていたのですが、今回ネット上の画像を探してもぴったり当てはまりそうなものが見つかりません。巣の長さ4.5mmほどです。

Dsc_6180
同じものを正面から。

Dsc_6176
巣口のくっついた部分を葉表から見たところです。

Dsc_6183
こちらは別個体。先のものより巣口が伸びているようで全体の長さは5mmほどあります。筒の部分を覆っている綿毛のようなものはアベマキの葉の毛でしょうか。

(2012.09.25・明石公園)

|

« アシナガグモ(改題) | トップページ | ムシクソハムシ »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/55832840

この記事へのトラックバック一覧です: ツツミノガ科の一種?:

« アシナガグモ(改題) | トップページ | ムシクソハムシ »