« ツマグロキンバエ | トップページ | ニッポンオナガコバチ・雌の脱出と交尾 »

2012年12月 2日 (日)

ハナレメイエバエ亜科の一種(改題)

* 2012.12.02・追記とタイトル変更 *

ezo-aphidさん、茨城@市毛さんより、イエバエ科ハナレメイエバエ亜科の一種であろうと教えていただきましたので、当初「クロコバエの一種?」としていたタイトルを表記のように変更しました。

仕事場で捕まえてきたハエです。 クロコバエ科ではないかと思っているのですが、どうでしょうか。

20121127_kurokobae_a42

20121127_kurokobae_b4

20121127_kurokobae_c5

20121127_kurokobae_d3_2

撮影中にゴミがついてしまいました。


(2012.11.27・神戸市中央区にて採集 CombineZPで深度合成)

|

« ツマグロキンバエ | トップページ | ニッポンオナガコバチ・雌の脱出と交尾 »

双翅目」カテゴリの記事

コメント

う~ん、細部まできれいに見えますねー。
ハナバエ科とイエバエ科をうろうろしたのですが、結局ハナレメイエバエ亜科ではないかと。翅脈などをご確認ください。
昨年末に、おおいに戸惑ったCaricea sp.とくらべるときゃしゃですね。

投稿: ezo-aphid | 2012年12月 2日 (日) 12時35分

胸弁がはっきりしているので有弁類だと思って,コメントしようと思ったらezo-aphid氏がすでにコメントしていましたね.私もハナレメイエバエ類だと思います.

投稿: 茨城@市毛 | 2012年12月 2日 (日) 16時20分

ezo-aphidさん、いつもありがとうございます。
またまた大はずれでしたね。
昨年のCariceaの時に教えていただいたことも、Aclerisさんの記事の詳しい解説もきれいに忘れていました。手間をかけて撮影してもこれでは仕様がありません。まあ、ぼちぼち勉強していきたいと思いますので気長にお付き合いのほどを・・・。
ついでに一件ご報告を。先月14日の記事でコメントをいただいたムネアブラムシの一種につき、再度観察して有翅虫の出現や角状管の有無を確認したいと考えていたのですが、11月末に現場を訪ねてみればアブラムシのついていたアラカシのひこばえは見事に刈り払われて全く残っていませんでした。確認は次の機会にお預けです。

茨城@市毛さん、こんばんは。
お恥ずかしいことに、有弁類と無弁類の違いもコメントをいただいて初めて認識した次第です。写真と見比べながら根気強く検索表を辿るということがなかなか出来なくて、ついいい加減に大雑把な印象で判断してしまいますが、自力でもう少しましな見当をつけられるよう勉強したいと思っています。タイトルを変更しておきます。ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2012年12月 2日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハナレメイエバエ亜科の一種(改題):

« ツマグロキンバエ | トップページ | ニッポンオナガコバチ・雌の脱出と交尾 »