« ノミコバチ科の一種(Elasmus sp.) | トップページ | Sympiesis hirticula(ヒメコバチ科)(改題) »

2012年12月12日 (水)

ヤドリタマバチ科の一種

しばらく虫撮りに出かけていないので室内撮影が続きます。
はじめタマバチ科だと思って捕まえてきたのですが、写真を見ると小楯板の形が違います。科の見当がつかない時にはいつも頼りにしている山岸先生の「寄生蜂の解説」に目を通せば、小楯板の特徴はヤドリタマバチ科Figitidaeに一致します。さらにネット画像を探せばよく似たものがたくさん出てたので、これで合っていると思います。

20121204_yadoritamabachi_ax

20121204_yadoritamabachi_bx

20121204_yadoritamabachi_cx

20121204_yadoritamabachi_dx

(2012.12.04・神戸市中央区にて採集 ConbineZPで深度合成)



 

|

« ノミコバチ科の一種(Elasmus sp.) | トップページ | Sympiesis hirticula(ヒメコバチ科)(改題) »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

どうやらFigitidaeの中で、ヒメカゲロウなどに寄生する群(Anacharitinae)に属するようです。小楯板の先端があまり突出していませんが、Xyalaspis属なのかもしれません。国内からは X. atamiensis Ashmead という種(雌の体長2.8mm)が記録されていますが・・・・。

投稿: ezo-aphid | 2012年12月12日 (水) 18時24分

ezo-aphidさん、こんばんは。
お示しいただいた属名で検索すると南アフリカのサイトで2種ほど標本画像が出てきますが、翅脈などよく似ていますね。ヤドリタマバチ科をそれと認識したのは初めてなので、科名が合っていればひとまず安心です。「寄生蜂の解説」にも「稀」とありましたが、冬場のコバチ探しでもこれまで見ていなかったように思います。BABAさんの撮られていたCallaspidiaも一度見たいですね。

投稿: おちゃたてむし | 2012年12月12日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤドリタマバチ科の一種:

« ノミコバチ科の一種(Elasmus sp.) | トップページ | Sympiesis hirticula(ヒメコバチ科)(改題) »