« 2013 謹賀新年 | トップページ | ハラビロクロバチ科Synopeas属の2種 »

2013年1月 3日 (木)

ハネカクシ科の一種とミズアブ類の幼虫?

年は替わりましたが引き続き朽ち木のハネカクシの第4弾。これまでの4種の内では最小の体長約2mmです。サイズと体型から推してCarpelimus属あたりではないかと思っているのですが、参照できる画像も少なく自信は全くありません。周囲にたくさんいる白っぽい幼虫はミズアブの仲間のようです。

_dsc0960

_dsc0943

(2012.12.24・学が丘北公園)

|

« 2013 謹賀新年 | トップページ | ハラビロクロバチ科Synopeas属の2種 »

双翅目」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

新年おめでとうございます。
今回はこれといって特徴の無いハネカクシで、なかなか難しそうですね・・・。しかし、個人的にはミズアブ類の幼虫の方に注目してしまいます。こんな白い幼虫は見たこと無いので、飼育するなりして成虫の姿を見てみたいものですが、過去2度ほど挑んだミズアブ類幼虫の飼育はいずれも失敗してます。自然下でなければ上手く育たない虫って多いですが、ミズアブ類が難しいというイメージは無かった(むしろ簡単な部類だと思ってた)ので、意外でした。環境が清潔過ぎたのがいけなかったかも?しかし、室内で飼育する場合、腐敗物や湿気はなかなか・・・・(笑)。

投稿: フッカーS | 2013年1月 4日 (金) 06時29分

フッカーSさん、あけましておめでとうございます。
このサイズの虫は図鑑やネット上の画像のサイズも小さく、よほど目立つ特徴でもないと私のように主に絵合わせに頼っている素人には難物ですね。ミズアブ幼虫の方ですが、同じ朽ち木の別の場所でもっと大型で焦げ茶色の幼虫も見ています。白い種類と入り混じってはいなかったので別種かも知れません。フッカーさんはミズアブの飼育にも挑戦されているんですね。私もこれらの幼虫がどんなハエに育つのか見てみたいのは山々ですが、飼育は手に負えそうもありません。

投稿: おちゃたてむし | 2013年1月 4日 (金) 08時45分

あけましておめでとうございます。
ヒラタアブやショクガタマバエの幼虫はアブラムシのコロニーによく居るので目撃する頻度は高いですが、その他のハエ目の幼虫は余り見ないので(見たくない?)新鮮です。今年も精緻で驚きある素晴らしい写真を楽しみにしております。最近OLYMPUS のマクロ38mmを持ち出していますが、結構、大変ですよね〜改めて尊敬致します。

投稿: BABA | 2013年1月 4日 (金) 17時24分

BABAさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
確かにハエ類の幼虫というとあまりいい連想が浮かびませんね。ボウフラも嫌ですし。成虫は綺麗なのも多いんですが・・・。
OM用の38mmはいいレンズですが、現行のデジタルカメラに流用するには何かと不便がありますね。メーカーさんには売れ筋ばかりでなく、このような売れないレンズも作り続けて欲しいものです。

投稿: おちゃたてむし | 2013年1月 4日 (金) 20時07分

あけましておめでとうございます~。今年もよろしくお願いいたします。

やや、この白いウジ形幼虫はミズアブ類でしたか。
我が家の飼育ケースに勝手にくっついてたりするんですよねぇ。
ヤスデ類なんかは朽木を餌にしますから、それに紛れ込んでたりするんでしょうな。
一度見慣れないハエ系の虫がケースをうろうろしてましたが、アレがおそらく成虫の姿か・・・
キレイな青色でした。うん、アレなら春ごろケースをぶんぶん飛んでてもキノコバエとかよりは全然良さそうw

投稿: ムツギアリ | 2013年1月 5日 (土) 01時00分

ムツギアリさん、あけましておめでとうございます。
いろんな動物を飼育されていると予定外の生き物が出てくることもよくあるんでしょうか。
フッカーSさんはまだ飼育に成功していないとのことですが、ムツギアリさんは期せずしてすでに羽化させておられたわけですね。きれいな青色ならやはりミズアブ類だったんでしょう。
今年もなんとか一年間続けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

投稿: おちゃたてむし | 2013年1月 5日 (土) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/56458530

この記事へのトラックバック一覧です: ハネカクシ科の一種とミズアブ類の幼虫?:

« 2013 謹賀新年 | トップページ | ハラビロクロバチ科Synopeas属の2種 »