« エボシミジンコの一種(Evadne ?nordmanni) | トップページ | フサゴカイの一種の幼生 »

2013年2月21日 (木)

ボウサンゾウムシ

この姿勢で体長2.6mmくらいの小さなゾウムシです。ケヤキの樹皮の裏側にくっついていました。図鑑を調べるとボウサンゾウムシ(ボウサンクチカクシゾウムシ)Catabonops monachus のようです。近似種もいるとのことですが、写真では触角は見えないものの 腿節に歯がなく、吻溝が後胸腹板に達しているという特徴は確認できるのでこの種で合っていると思います。

_dsc8424

_dsc8414
ほとんど木屑の塊のように見えます。疎らに生えている棘のようなものは鱗
片でしょうか。

_dsc84312_2

_dsc84332
ひっくり返してみました。口吻と一緒に複眼まで隠れてしまうんですね。

(2013.02.12・姫路市 広峰山)
 
 

|

« エボシミジンコの一種(Evadne ?nordmanni) | トップページ | フサゴカイの一種の幼生 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/56809091

この記事へのトラックバック一覧です: ボウサンゾウムシ:

« エボシミジンコの一種(Evadne ?nordmanni) | トップページ | フサゴカイの一種の幼生 »