« センダンコクロキジラミ(改題) | トップページ | マルトビムシ科の一種? »

2013年2月 2日 (土)

ミノオキイロヒラタヒメバチ

このハチは20年ほども前に一度だけ、六甲山で撮影したことがあります。その頃は数冊の図鑑しか参照するものが無くてヒメバチ類などはまず名前の分からぬものとあきらめていましたが、このハチだけはよく目立つ斑紋が図鑑の標本写真とぴったり一致し、親しみの持てる和名(ミノオ=箕面、でしょうね)とともに印象に残っていました。インターネットを利用するようになってハンマーさんのブログなどあちこちのサイトでこのハチの写真を見かけるようになりましたが、実物には長い間ご無沙汰でした。

_dsc9985
20年ぶりのミノオキイロヒラタヒメバチはツバキの葉裏に貼りついていました。体長約9mm。ハンマーさんの写真では2倍近くも体長差のある個体が仲良く同じ葉で越冬していますが、この個体は中くらいでしょうか。

_dsc9992
ネット上で見る写真もほとんどこの態勢ですが、夏場はどうしているんでしょうか。

_dsc7866

(2013.01.08・奥須磨公園)
 

|

« センダンコクロキジラミ(改題) | トップページ | マルトビムシ科の一種? »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノオキイロヒラタヒメバチ:

« センダンコクロキジラミ(改題) | トップページ | マルトビムシ科の一種? »