« クワゴマダラヒトリの幼虫 | トップページ | テングチョウ »

2013年3月26日 (火)

アシブトコバチ科の一種(Antrocephalus sp.)

この日も3月下旬にしては寒い日で、よく咲いたユキヤナギの花にもほとんど虫の姿は見られません。その中で黒いハチが1匹、花から花へのろのろと歩いていました。
アシブトコバチの一種で、先月樹皮下で越冬中の写真を出した Antrocephalus sp. と同じ種だと思います。体長もぴったり同じ、約4.6mmです。

_dsc3092

_dsc3098

_dsc30852
長い越冬から目覚めた後の腹ごしらえと言うところでしょうか。気温低いせいか動きは緩慢で、枝をつまんでも飛び立とうともしません。

1
三つの単眼のうち左右の二つは後ろ向きについています。

(2013.03.22・明石公園)
  

|

« クワゴマダラヒトリの幼虫 | トップページ | テングチョウ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/57035632

この記事へのトラックバック一覧です: アシブトコバチ科の一種(Antrocephalus sp.):

« クワゴマダラヒトリの幼虫 | トップページ | テングチョウ »