« ミカンワタカイガラムシ? | トップページ | シロテンエダシャク雌雄 »

2013年3月13日 (水)

イスノキシロカイガラムシ?の交尾?

* 2013.03.15・追記 

 赤い雄成虫が交尾器を伸ばしているように見えたのでその先に雌がいるものと思っていたのですが、ezo-aphid さんからコメントでは周りの白い群れは雄の2齢幼虫だそうです。この群れの下に雌が隠れているのなら別ですが、交尾中というのは怪しくなってきました。

昨年秋にも撮影したイスノキの葉裏のカイガラムシです。イスノキシロカイガラムシ Aulacaspis distylii という種ではないかと思っているのですが、寄主植物から推測しているだけで他の判別点が分かりません。

_dsc0046

よく見れば白い群れの中に赤い点が一つ。寄生バチか、と期待しましたが・・・。

_dsc1782

少し拡大。右上の雌成虫は介殻に小さな穴が開いていますが、寄生バチの脱出口でしょうか。

_dsc17262
そしてこの赤い虫、この顔には見覚えがありました。以前BABAさん
のブログに登場したマルカイガラムシ科の雄です。ネットで画像を探せばクワシロカイガラムシやウメシロカイガラムシが出てきますが、マルカイガラムシ科の雄はどれもこんな格好をしているようです。

_dsc16782

体長0.6mm、翅端まで1.1mmくらい。横から見ると腹端から長い針のようなものが伸びています。まるで寄生バチの産卵管ですがこれが雄の交尾器なのでしょう。相手の雌が白いもやもやに紛れて確認出来ないのが残念ですが、交尾中だとすれば周囲の白いナメクジ形のものはすべて雌ということでしょうか。

(2013.03.07・明石公園)

 

|

« ミカンワタカイガラムシ? | トップページ | シロテンエダシャク雌雄 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、カイガラムシ図鑑から読み解いてみます。
「イスノキの”葉”」に寄生するマルカイガラムシ科は、マルカイガラムシ族(雌の脱皮殻は同心円状になる、雄幼虫の殻は雌と似る)のイスノキマルカイガラムシ Selenomphalus dystilii と、シロカイガラムシ族(雌の脱皮殻はカキカイガラなどのように偏在、雄幼虫の殻は雌と著しく異なる)の2種、イスノキシロカイガラムシ Aulacaspis distyliiとイスシロマルカイガラムシ Aulacaspis latissima に絞られます。最後のイスシロは、(雄が未確認のため)単性生殖と推定されています。
 シロカイガラムシ族の雄2齢幼虫の介殻は、「小型・雪白色でもろく、細長くて背面に3本の稜をそなえ」ていて、この白い群れがそれに該当するので、お見立て通り、イスノキシロであたりと思います。2枚目の画像を拡大して、雌成虫介殻の中央部褐色は(寄生された?)雌の死体、その周囲の白点は(脱皮済みの?)卵殻、右の淡褐色斑は1・2齢幼虫の脱皮殻と推定しました。同心円状になってはいませんね。
イスノキシロカイガラムシ:「雌の介殻はほぼ円形、径2.0-2.8mm、虫体は黄~橙褐色。おそらく年2回発生で、主として成虫で越冬。」と記述されています。

投稿: ezo-aphid | 2013年3月13日 (水) 19時16分

ezo-aphidさん、こんばんは。
マルカイガラムシ科はどれも同じような格好なのかと思っていましたがマルカイガラムシ族とシロカイガラムシ族ではっきりした違いがあるんですね。ネット画像で前者雌成虫の「同心円状の介殻」を見て形の違いがよく分かりました。
ところで写真の赤い有翅雄は交尾器を伸ばしているように見えたのでその周りの白いのは(円い介殻を持つ前の)雌ではないかと考えたのですが、これらはすべて雄の2齢幼虫なんでしょうか。

投稿: おちゃたてむし | 2013年3月13日 (水) 21時33分

ちょうどtukikさんのところで、同族の「ハランナガカイガラムシ」の雄2齢幼虫が紹介されていました。雄の介殻とそれから伸びている3稜形のwaxがよく判ります。
雌2齢幼虫はこのように多量のwaxを分泌せずに、かわりに大きな円形の介殻を作っているのではないでしょうか(用途は卵の保護なのでしょう)。雄交尾器の先に雌がいるならば、それは成虫のはずなので、このwaxを丁寧に取り除けば大きな介殻があることになります。waxの下に介殻を作るのは過保護のように思えますが、さて・・・・・。

投稿: ezo-aphid | 2013年3月14日 (木) 19時35分

ezo-aphidさん、
早速質問にお答えいただきありがとうございます。
これらの白い群れはやはり雄幼虫なんですね。とすれば雌は何処に、と思って改めて他の写真も点検してみましたがそれらしいものは見えませんでした。雄のお尻から交尾期らしきものが伸びているので当然交尾中と考えたのですが、早とちりだったのかも知れませんね。雄の群れの下に雌が隠れていることがあるのかどうか、今度確認してきます。

投稿: おちゃたてむし | 2013年3月14日 (木) 21時45分

おはようございます。
この白いWAXから雄が羽化して飛び立って行くのでしょうか。交尾場面も見られる日が近そうですね(^^

投稿: BABA | 2013年3月15日 (金) 08時16分

BABAさん、こんばんは。
これだけの数が一斉に羽化したら見ものでしょうね。そのわりには雄成虫を見かけることが少ないのが不思議です。

投稿: おちゃたてむし | 2013年3月15日 (金) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスノキシロカイガラムシ?の交尾?:

« ミカンワタカイガラムシ? | トップページ | シロテンエダシャク雌雄 »