« サツマキジラミ幼虫とヒメコバチ科(?Tamarixia sp.)の幼虫(改題) | トップページ | ミズアブの一種の産卵(Wallacea ?tsudai) »

2013年5月30日 (木)

アカホシテントウの幼虫と蛹

今頃よく見る光景ですが、ウメの枝にアカホシテントウの終齢幼虫が集まって蛹化を始めていました。

_dsc2204

_dsc2215

_dsc22282
幼虫の背中がぱっくり割れてその皮の中で蛹になります。幼虫時代の棘だらけの外皮がそのまま蛹の鎧になるというのはなかなか経済的ですね。

_dsc9379
蛹化前の幼虫です。こちらが頭で、

_dsc9380
こちらがお尻。

(2013.05.17・明石公園)

|

« サツマキジラミ幼虫とヒメコバチ科(?Tamarixia sp.)の幼虫(改題) | トップページ | ミズアブの一種の産卵(Wallacea ?tsudai) »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、

「今頃よく見る光景ですが…」とありますが、初めてお目に掛かかりました。親がポツンといるのを何回か見てますが、幼虫の姿も見たことがありません。
いつもいく草原にも、梅の木が何本かあるのですが、梅の木ではほとんど虫の姿を見ないです。
ところ変われば…なのかも知れませんが、おちゃたてむさんところとは比較的同じ時期に同じ虫が出てくるようなので、今度の土日にはよく観察してみることにします。

投稿: そら | 2013年5月30日 (木) 17時54分

そらさん、こんばんは。
近所の公園ではウメやサクラでよく見るんですが、このテントウムシの幼虫は同じ場所にたくさん集まって蛹になる習性があるようですね。そのせいか成虫も1枚のサクラの葉の裏に何匹もかたまっているのを見ることがあります。こちらは平年より8日も早く梅雨入りしてしまって次の土日もあまりいい天気ではなさそうですが、そちらはどうでしょうね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年5月30日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/57487615

この記事へのトラックバック一覧です: アカホシテントウの幼虫と蛹:

« サツマキジラミ幼虫とヒメコバチ科(?Tamarixia sp.)の幼虫(改題) | トップページ | ミズアブの一種の産卵(Wallacea ?tsudai) »