« ツマグロスケバの幼虫 | トップページ | ササグモ »

2013年8月19日 (月)

クヌギトゲアブラムシとツヤコバチの一種

クヌギの葉の裏で繁殖していたアブラムシと、同じ枝の葉にいたツヤコバチ科の一種です。アブラムシはクヌギトゲアブラムシだと思います。ツヤコバチの方はこのアブラムシと何となく関係がありそうな気がするという理由で一緒に掲載しているのですが、無関係なのかも知れません。

_dsc7841
オナモミの実を思わせる体中棘だらけのアブラムシですが、体色が薄くてうまく撮影しにくい被写体です。大型の個体(有翅幼虫と無翅成虫?)で体長1.5mm前後、小型の幼虫で0.7mmほどです。

_dsc77862
下は有翅幼虫、上は無翅成虫、でしょうか。有翅幼虫には赤い複眼が見えますが無翅の方にはそれが見えないようです。

_dsc78012
体長1.6mmほどの有翅幼虫ですが、複眼の後ろの3つの点は3個眼でしょうか。

_dsc77932
上と同じくらいの大きさの無翅成虫(幼虫?)ですが、やはり複眼が見えません。

_dsc78022
0.6mmほどの幼虫。これにも複眼はないようです。

_dsc7821
集団から離れた場所にいた有翅成虫。

_dsc78492
こちらは羽化に失敗したのか翅が皺くちゃになった上にダニまでくっつけています。

_dsc77592

_dsc77712
アブラムシに関係があるのかどうかは不明ですが、近くの葉の裏にいたツヤコバチです。体長約1.1mmで、以前BABAさんのブログに登場した種(その2)によく似ています。

(2013.08.03・松陰新田)


|

« ツマグロスケバの幼虫 | トップページ | ササグモ »

半翅目」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

これは知りませんでした。
ご推測の通り、幼虫と無翅成虫に複眼は無く、3個眼だけのようです。そのため、両者の区別は難しく、有翅幼虫並みの大型(でやや濃色)個体が無翅成虫なのでしょう。たぶん有翅4齢幼虫だけに(羽化準備中の皮下に)赤い複眼が形成されるのだと思います。前翅の翅脈分岐が1回だけ、というのも知らなかったことです。
翅が展開しなかったのは、ダニに吸汁されて体液が減ったため、翅脈への注入圧が弱まったのだと思います。

投稿: ezo-aphid | 2013年8月20日 (火) 18時27分

ezo-aphidさん、こんばんは。
無翅成虫はほとんど移動することもないので複眼は要らないということでしょうね。ezo-aphidさんもご存じなかったことを発見(?)して得意な気分です。
前翅の翅脈分岐が1回だけ、というのがよく分からなかったのですが、ひょっとして中径脈のことでしょうか。
翅が伸びていないのがダニの吸汁されたせいだとは思いつきませんでした。これではもう繁殖は無理でしょうね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年8月20日 (火) 22時01分

驚きました。
アブラムシの複眼は比較的まばらだそうですが、こんなこともあるんですね。
不要なものを省いた、究極の進化ですね。
ところで、有翅虫の複眼の後ろの同じような位置に、同じような3個の単眼のようなものがありますが、これはなんでしょう?

投稿: sizenkansatu | 2013年8月20日 (火) 22時27分

sizenkansatuさん、こんばんは。
ムネアブラムシの仲間も無翅型には複眼が無かったと思いますが、同じアブラムシでもいろんなヴァリエーションがあるものですね。
複眼の後ろにある3個眼については、ezo-aphidさん、お願いしまーす。

投稿: おちゃたてむし | 2013年8月20日 (火) 22時36分

よーく観察していないと判らないことだらけです。
アブラムシでは中脈だけに(0-2回の)分岐が起きるようです。ワタムシ類(Pemphigidae)の多くは0(-1)回、その他では2回分岐が標準的で1回分岐は少数派です。
お腹の中の幼虫は順調に育っているはずで、この状態でもやや少なめながら充分に産子できると思います。アブラバチに内部寄生されても、成虫はマミー化直前まで(少数ですが)産子しますから。

「複眼の後ろの3個の単眼のようなもの」:これを3個眼(tri-ommatidiaを直訳)または眼瘤(ocular tubercle)と呼び、アブラムシの基本装備です。

投稿: ezo-aphid | 2013年8月20日 (火) 22時52分

追伸:アブラムシの基本装備なのですが、やはり例外があって「マツノホソアブラムシ」「ナシミドリオオアブラムシ」など複眼が発達する種では、これらの個眼(眼瘤)を見つけにくいそうです。

投稿: ezo-aphid | 2013年8月21日 (水) 18時43分

ezo-aphidさん、こんばんは。
早速質問にお答えいただいてありがとうございます。
アブラムシの翅脈というのはこれまで注意して見たことが無かったのですが、かなり単純なものなんですね。これでは同定に使えないのも無理はないと思いました。
またダニに寄生されて翅も伸びない状態で産子できるとは驚きです。何が何でも子孫を残すことが至上命令ということでしょうか。
追伸をいただいて自分の撮ったナシミドリオオアブラムシを見てみましたが、なるほどそれらしいものは見当たりません。こうして教えていただかないと自分では全く気付かなかったことです。やはり折角撮った写真は注意して見ないと駄目ですね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年8月21日 (水) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/58021421

この記事へのトラックバック一覧です: クヌギトゲアブラムシとツヤコバチの一種:

« ツマグロスケバの幼虫 | トップページ | ササグモ »