« ハムシダマシ科の一種?の幼虫 | トップページ | セマダラコガネを捕えたキイロスズメバチ »

2013年8月 6日 (火)

ミカドジガバチ

アラカシの幹の根元近くの穴を出入りしているミカドジガバチがいました。

_dsc5134
このブログでは一昨年(獲物運び)、昨年(巣穴の閉塞)と2度も登場しているハチですが、この日は巣穴の準備中だったようです。穴の奥に入って行ってしばらくジイジイと独特の羽音を響かせた後、木屑や小さな石ころを大顎にくわえて出てきては外に捨てるという作業を繰り返していました。

_dsc5143_2
穴から出てくると10cmから20cmばかり後方に飛んで荷物を捨てるので、そこを狙って何度もシャッターを切るのですが、ピントもタイミングもなかなか合わせられません。

_dsc51522
大きく開く大顎は大きな獲物を狩るためのものだと思っていましたがこんな仕事にも欠かせないようですね。

_dsc51352
大顎と前脚で抱えていた土塊を捨てた瞬間です。
やがて巣穴の準備を終えて獲物探しに出かけるのかと思って見ていましたが、この物件には何か不都合でもあったのか、しばらく続けていた作業を中断し、同じアラカシの幹で別の穴や隙間の探索を始めたようでした。

(2013.08.25・明石公園)

|

« ハムシダマシ科の一種?の幼虫 | トップページ | セマダラコガネを捕えたキイロスズメバチ »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミカドジガバチ:

« ハムシダマシ科の一種?の幼虫 | トップページ | セマダラコガネを捕えたキイロスズメバチ »