« ツヤコバチ科の一種(?Encarsia sp.) | トップページ | ミノウスバ »

2013年11月 7日 (木)

クダアザミウマ科の一種 Aleurodothrips fasciapennis(改題)

* 2013.11.10・追記とタイトル変更 *

所属の見当がつかずただ「アザミウマの一種」としていたのですが、SOさんからこれはクダアザミウマ科のAleurodothrips fasciapennis (Franklin)のメス、とご教示いただきました。肉食性で、コナジラミやカイガラムシを捕食しているらしい、ということです。タイトルを変更して種名を入れておきました。

昨日のツヤコバチを見つけたのと同じクチナシの葉裏にいたアザミウマです。
撮影を始めると猛烈なスピード(秒速数mm!)で歩き始めたので背面像しか撮れませんでした。私には初めての種だと思いますが所属は分かりません。体長1.4mmくらいです。

_dsc25492_2

_dsc25462_2

(2013.10.30・神戸市中央区)

|

« ツヤコバチ科の一種(?Encarsia sp.) | トップページ | ミノウスバ »

アザミウマ目」カテゴリの記事

コメント

うーん、これはどっちの亜目なんでしょうね(尾端はクダ状、しかし翅は揃えてる・・・・・・)。 SOさんをお待ちするしかなさそうです。
腹部の色彩パターンはハラオビアザミウマと逆ですなぁ。

投稿: ezo-aphid | 2013年11月 7日 (木) 21時52分

ezo-aphidさん、こんばんは。
クダアザミウマなら翅を重ねるんですよね。
過去のクダアザミウマの画像と見比べてみると、これで重なった状態のようにも見えるのですが・・・。
元画像を調べてみてもはっきりしません。

投稿: おちゃたてむし | 2013年11月 8日 (金) 20時55分

お待ちいただき恐縮しています。これはAleurodothrips fasciapennis (Franklin)のメスです。クダアザミウマ科。肉食性で、コナジラミやカイガラムシを捕食しているらしいです。従来九州や南西諸島から知られていましたが、本州からは確かな記録はありませんでした。東南アジアではタケ類に普通にいます。

投稿: SO | 2013年11月10日 (日) 08時53分

SOさん、ご教示ありがとうございます。
1属1種の南方系とのこと、見なれないのは無理もないようです。第5・6腹節(と薄黒い第7節)に眼をひかれますが、翅を横断する3つ(基部を入れると4個)の薄黒い帯が特徴とのことです。これは、ネット上にあるスライド標本の写真や図で確認できます。
殻の薄い固着性の同翅類が好みのようですが、捕食場面を見てみたいですね。

投稿: ezo-aphid | 2013年11月10日 (日) 11時36分

SOさん、こちらこそ全く恐縮しています。
あまり鮮明な写真が撮れなかったので、種まで確認していただけたことに驚きました。コナジラミやカイガラムシを捕食するとのことですが、この写真を撮ったクチナシにはミカンコナジラミが多く発生していたのでそれを目当てに来ていたのかも知れません。タイトルに種名を入れておきます。ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2013年11月10日 (日) 20時47分

ezo-aphidさん、こんばんは。
おかげさまでSOさんのご教示をいただけました。
ネット上の画像を見て(私の写真で確認できる範囲で、ですが)よく似ていることを確認しました。でも翅の四つの帯は私の写真ではピントが外れていたり照明が反射していたりでよく見えませんね。SOさんへのご返事でも書いたとおり周囲にはミカンコナジラミがたくさんいたので、ひょっとしたら食事中を邪魔してしまったのかも知れません。

投稿: おちゃたてむし | 2013年11月10日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クダアザミウマ科の一種 Aleurodothrips fasciapennis(改題):

« ツヤコバチ科の一種(?Encarsia sp.) | トップページ | ミノウスバ »