« オオキンカメムシ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »

2013年12月 1日 (日)

ナシミドリオオアブラムシ 産卵

2010年2011年と毎年同じものを出していますが、なにぶんネタ不足なのでご勘弁ください。シャリンバイの葉の裏で産卵する、お馴染みナシミドリオオアブラムシです。

_dsc3818
発見したときにはすでに数個の卵を産み終え、腹端から次の卵が覗いているところでした。

_dsc38332
卵の先にヘタか栓のように見える部分があります。

_dsc3863
産卵中母虫はわずかに体を上下させる動きを続けています。こんな大きな卵を押し出すのは力の要る仕事なんでしょう。

_dsc3886
卵を排出した後、腹端から粘液状の液体を出して卵の周囲広い範囲にに塗りつけます。かなり粘っこい液体で、おそらくダニや寄生バチから卵を守る効果があるのではないかと思っています。以前、ユスリカがこの粘液に足を取られて動けなくなっているのを見たことがあります。
この卵の孵化の場面は
こちらに載せています。

 (2013.11.29・神戸市中央区)

|

« オオキンカメムシ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/58674887

この記事へのトラックバック一覧です: ナシミドリオオアブラムシ 産卵:

« オオキンカメムシ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »