« トビコバチ科の一種(Metaphycus sp.) | トップページ | クロトンアザミウマ »

2013年12月20日 (金)

フカヤカタカイガラムシ?の幼虫

ヘデラ(セイヨウキヅタ)の葉裏にくっついていたカタカイガラムシの一種です。
いつも冬場にヤツデの葉裏で見かけるものとよく似ていて、以前そらさんが「フカヤカタカイガラムシの幼虫?」として掲載されていたものと同じ種ではないかと思っています。

_dsc53972
ほとんど厚みのなさそうな体は透明に近く、葉裏の色がそのまま、葉脈まで透けて見えます。体長は2mm弱です。

_dsc54952
私もそらさんと同様、裏側がどうなっているのか気になってひっくり返してみました。色が薄くてちょっと分かりにくいのですが、ちゃんと脚が6本に触角まで見えています。

_dsc54892
頭部に近く細いエナメル線のように光っているのは口針でしょうか。

_dsc54612
いきなり裏返しにされて慌てているんでしょう、盛んに脚をばたばた動かしています。

_dsc55442
背中というかお尻というか、後部の背面からなにやら突き出して体を持ち上げています。何という名の器官なのか、1枚目の写真で鏃の形に見えている部分だと思います。裏返しての撮影中、しばらく目を離した間に元の姿勢に戻っていたことがありましたが、多分こんな風にして起き直ることが出来るのでしょう。

_dsc5482
起き直って歩いています。

_dsc55462
葉裏にぴったり密着している時はほとんど透明だったのに、葉面から離れると不透明になりました。

Katakaigaramushi_1
正面から見た目と触角です。

(2013.12.16・神戸市中央区)

|

« トビコバチ科の一種(Metaphycus sp.) | トップページ | クロトンアザミウマ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、

あらまあ、6本脚でちゃんと歩くんですか、歩くのは葉っぱにへばり付く前だけかとも思っていました。しかも、裏返しにしても自分でひっくり返ることが出来るのも凄いです。
明日見つけたら、是非確認してみたいですね(^^)。
一見だと、何の面白みもないカイガラムシですが、詳しく観察すると意外な事実が分かるものなのですね。

投稿: そら | 2013年12月20日 (金) 21時33分

そらさん、おはようございます。
以前にそらさんの記事を覚えていたので、これは裏側も拝見しなければ、と思った次第です。
こんな左右非対称の生き物がちゃんと脚を出して歩くというのは妙な感じですね。
ひょっとしたら歩くのは幼虫だけかも知れないという気もしているのですが、その点お確かめいただければ幸いです。

投稿: おちゃたてむし | 2013年12月21日 (土) 07時21分

起き上がれるものかは、風任せ、なんでしょうか。この”支え”は肛門板と呼ぶようです(・・・・肛門のありかはよく判りませんが)。  ”フカヤ”の雌成虫は「体長3-4mmで、肛門板の長さは幅の5倍以上」と図鑑には記されているので、これはまだ幼虫なのかもしれません。
学名の由来を調べたところ、茨城県のブドウから採集した(弟子の) C. Fukayaさんに因んでいるとのことです。

投稿: ezo-aphid | 2013年12月21日 (土) 20時48分

ezo-aphidさん、こんばんは。
肛門板ですか。ありがとうございます。まさかひっくり返った時の為にあるものではないんでしょうが、これを伸ばすことが出来るのは面白いですね。
タイトルから記事まで「フカヤ」を間違えて「フタヤ」と書いていたのに気づき、慌てて直しました。Fukayaさんに叱られるところでした。

投稿: おちゃたてむし | 2013年12月22日 (日) 20時28分

この画像を見ながらポテトチップスを食べていたら、卓上に落ちていたポテトチップスに脚がニョキッと生えて歩き出す妄想をしてしまいました(笑)。
こんな薄っぺらな体でもちゃんと生きてて歩き回ることが出来るというのは、驚異であり、可笑しくもあり。そんな生き物の多様性の、面白さが実感出来るのが虫撮りですね。その小ささゆえに、見る意思が無ければ気づかないことが多い世界だけど、この面白さを見逃してしまうのはホントもったいないと感じる今日この頃です(笑)。

投稿: フッカーS | 2013年12月22日 (日) 22時06分

フッカーSさん、おはようございます。
なるほど、ポテトチップスですか。この薄っぺらさは確かにそんな連想も起こさせます。
どんな生き物もそれなりの興味と関心を持って見れば面白いんでしょうが、特にこんな小さな動物は形といい動きといい常識をかけ離れた奇想天外さを感じさせるものが多くて、おっしゃるとおり見逃すのはもったいない気がします。真冬に公園の片隅にうずくまって虫撮りなんぞしているのはひいき目に見ても変人ですが、やめられませんね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年12月23日 (月) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/58788846

この記事へのトラックバック一覧です: フカヤカタカイガラムシ?の幼虫:

« トビコバチ科の一種(Metaphycus sp.) | トップページ | クロトンアザミウマ »