« タイリクアオムキミジンコ | トップページ | トゲアラメカメムシ Patapius spinosus (Rossi,1790) »

2014年2月15日 (土)

ミジンコの付着生物

一昨日の記事でミジンコの体表に付着していた2種の生物を少し拡大してみました。これらの付着生物が家主のミジンコにどれくらい害を及ぼすのか知りませんが、少なくともあまり数が増えると運動をかなり阻害されそうです。

_dsc9598
黒い複眼の周りに付いているラッパ型の生物は繊毛虫類のツリガネムシの仲間で、おそらく Rhabdostyla 属だと思います。収縮しない短い柄でミジンコの体に付着しています。

_dsc9621
画面下の方の Rhabdostyla は収縮して丸くなっています。もう一種の付着生物、複眼のすぐ右下に見える緑色・楕円形の方は正体が分かりません。不等毛類のような気もしますが、全くのあてずっぽうです。

_dsc9603
第2触角(長い腕のように見える部分です)にもたくさんついています。

_dsc9608
背中にも。画面左の黒っぽい帯はミジンコの腸、中央の卵型は心臓です。

(2014.02.03・明石公園にて採集)

 

 

|

« タイリクアオムキミジンコ | トップページ | トゲアラメカメムシ Patapius spinosus (Rossi,1790) »

淡水プランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59138719

この記事へのトラックバック一覧です: ミジンコの付着生物:

« タイリクアオムキミジンコ | トップページ | トゲアラメカメムシ Patapius spinosus (Rossi,1790) »