« クリイロチャタテ | トップページ | スイバトビハムシ »

2014年2月22日 (土)

ハマベヒメサビキコリ

淡路島の浜辺で見つけた虫が続きますが、今回は甲虫です。
最初石の下から出てきた時はスナゴミムシダマシの仲間かと思ったのですが、よく見るとコメツキムシです。甲虫図鑑などで調べるとサビキコリの仲間で、似た種がいくつかありますが
体長(約7mm)や発見場所からハマベヒメサビキコリと判断しました。

_dsc0728

_dsc0734

_dsc07432

_dsc07492
小楯板まわりの拡大です。

_dsc0754
裏返してみました。触角は前胸腹板の両側(前胸側板との間、になるのでしょうか)にある隙間にすっぽり隠れて見えません。

(2010.02.10・淡路市 松帆海岸)

|

« クリイロチャタテ | トップページ | スイバトビハムシ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
なかなかの(重厚な)存在感ですね。
ゾウムシには普通の、鱗毛(鱗片?)を持ってるとは驚きです、知りませんでした。

投稿: ezo-aphid | 2014年2月22日 (土) 22時43分

ezo-aphidさん、こんばんは。
コメツキムシにしては頑丈そうな体つきは地表性のためでしょうか、
もっと虫の多い季節なら見過ごしてしまいそうな地味な虫ですが、細部を見ると面白いですね。

投稿: おちゃたてむし | 2014年2月23日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59177049

この記事へのトラックバック一覧です: ハマベヒメサビキコリ:

« クリイロチャタテ | トップページ | スイバトビハムシ »