« コナカゲロウの一種の幼虫 | トップページ | ツヤナガヒラタホソカタムシ »

2014年3月 3日 (月)

クヌギカメムシの卵

今年もクヌギカメムシの卵の孵化が始まっている頃だと思って昨年と同じアベマキを見に行きました。

_dsc1074
この卵塊を見てやっぱり既に出てきている、と思ったのは間違いで、孵化幼虫のように見えたのはゼリー状の覆いからむき出しになった卵でした。

_dsc1079
以前にもこんな状態の卵塊を見たことはあるのですが、今年は卵塊そのものの数が少なく、その割にはこんなふうにむき出しになった卵がよく目に付きました。
産卵の現場を見ていないので確かなことは言えませんが、母虫にもともと被覆物質の材料が不足していたのか、それとも何か他の生き物が横取りして行ったのでしょうか。そう言えば最近のBABAさんのブログでこの卵塊にジュズダニの一種が乗っている(もしかしたら被覆物質を食べている?)様子が紹介されていました。

(2014.02.26・明石公園)

|

« コナカゲロウの一種の幼虫 | トップページ | ツヤナガヒラタホソカタムシ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59228964

この記事へのトラックバック一覧です: クヌギカメムシの卵:

« コナカゲロウの一種の幼虫 | トップページ | ツヤナガヒラタホソカタムシ »