« 繊毛虫の一種 | トップページ | クワハムシ »

2014年4月24日 (木)

ピヤナンムネアブラムシ Allothracaphis piyananensis (改題)

* 2014.04.25・追記とタイトル変更 *

種名の見当がつかずとりあえず「ムネアブラムシの一種?」としていましたが、ezo-aphid さんからピヤナンムネアブラムシ Allothracaphis piyananensis でいいだろう、とコメントをいただきましたのでタイトルを変更しました。詳しくはコメントをお読みください。

初カイガラムシかと思ったのですが、よく見ると腹部末端のあたりの構造がムネアブラムシの仲間と同じに見えます。アラカシの葉の裏についていました。

_dsc43372
体長約1.1mmです。
_dsc43442
裏返してみました。ちょっとアトピンになってしまいましたが、脚らしきものは見えません。
_dsc43242
左の成虫?は1・2枚目と同じ大きさです。その後の小さいのは同じ種の若齢幼虫ではないかと思いますが確かではありません。
_dsc43322
別個体です。体長約0.5mm。たくさんいました。
_dsc43152
色の違う個体です。体長はやはり1.1mmほどです。
(2014.04.16・明石公園)

|

« 繊毛虫の一種 | トップページ | クワハムシ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

ムネアブラムシ類は黒色ばかりではないのですねー。
「 Thoracaphis related 」と検索すると、9頁にAllothracaphis piyananensis の図が見られます。成虫の形や色、毛の配置があっているので、ピヤナンムネアブラムシでいいのでしょう。サイズは記されていませんが、大阪近辺では周年見られるようです。
脚などが見えないのが正常なのか、あるいはなんらかの事情があるのかは、判りません。色違いは、死体がミイラ化したように見えますが・・・。

投稿: ezo-aphid | 2014年4月25日 (金) 12時49分

ezo-aphidさん、こんばんは。お待ちしておりました。
以前に見たイスノフシアブラムシなどに比べて体つきが随分平べったいので果たしてほんとにムネアブラムシの仲間だろうかとちょっと疑問がありましたが、こんなのもいるんですね。
脚が見えないことについては、裏返した際に取れてしまったのか、あるいはよほど小さくて写真で確認できないのかも知れません。
ご紹介の資料も見ました。早速タイトルに種名を入れておきます。ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年4月25日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59523935

この記事へのトラックバック一覧です: ピヤナンムネアブラムシ Allothracaphis piyananensis (改題):

« 繊毛虫の一種 | トップページ | クワハムシ »