« ツツキノコムシ属の一種(Cis sp.) | トップページ | 潜水マルトビムシ?? »

2014年4月13日 (日)

タイワントガリキジラミ

昨年のちょうど今頃、クロガネモチの葉で交尾するタイワントガリキジラミとその卵の写真を掲載しましたが、この日は同じ木でたくさんの幼虫が見られました。

_dsc33262
これで終齢でしょうか。体長1.6mmほどです。成虫も何匹かいたのですが葉に触れた途端ぞろぞろと移動を始め、うまく撮れませんでした。

_dsc33453
1枚目とほぼ同じ大きさです。体表のなめし皮のような質感と周囲のワックスの透明感が魅力的です。

_dsc33502
同じ個体の側面です。

_dsc33582
これは別個体。白い球体はアブラムシの甘露のような排泄物でしょうか。

_dsc33632
後ろから。

_dsc33242
この個体は元の窪みが狭くなって脱皮後引越ししたんでしょうか。

_dsc33882
体長1mmほどの若齢幼虫です。やはりお尻から白い排泄物を出しています。

_dsc34002
横から見ると意外に厚みのある体つきです。

_dsc34212
さらに小さい幼虫。体長約0.5mmです。

_dsc33722
 
_dsc33812
羽化直後で翅を伸ばし始めたばかりの成虫です。

(2014.04.03・明石公園)

|

« ツツキノコムシ属の一種(Cis sp.) | トップページ | 潜水マルトビムシ?? »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59463588

この記事へのトラックバック一覧です: タイワントガリキジラミ:

« ツツキノコムシ属の一種(Cis sp.) | トップページ | 潜水マルトビムシ?? »