« ナナフシの幼虫 | トップページ | カイガラムシの一種?(改題) »

2014年4月29日 (火)

キクヒメヒゲナガアブラウシ(改題)

* 2014.04.29・訂正とタイトル変更 

いつもの早とちりをしてしまったようで、ezo-aphid さんから写真の種はキクヒメヒゲナガアブラムシ Macrosiphoniella sanborni であるとのご指摘をいただきました。両種の違いなどについてはコメントをお読みください。タイトルを変更しました。

ヨモギの葉の裏に赤いアブラムシが集まっていました。なぜかネット上の画像がほとんど見つかりませんが、「アブラムシ入門図鑑」を見るとヒコサンヒメヒゲナガアブラムシ Macrosiphoniella hikosanensis で良さそうです。

_dsc4651

_dsc46242
有翅幼虫です。体長は約1.8mm。

_dsc46442

_dsc46462
これは雌成虫でしょうか。腹部の光沢が油を流したようです。体長は同じく約1.8mmです。

(2014.04.16・明石公園)

|

« ナナフシの幼虫 | トップページ | カイガラムシの一種?(改題) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

う~ん、これはー。
腹部の光沢が強く、背面の毛がまばらにしか見えないので、キクヒメヒゲナガだと思います。これまで胎生雌しか見つかっておらず、キク園芸品種にごく普通ですが、たまにヨモギにも寄生するとのことです。
ヒコサンヒメは体毛がやたら多く、主としてヨモギの(部分黄化した)下位葉に見つかります。

投稿: ezo-aphid | 2014年4月29日 (火) 09時23分

ezo-aphidさん、
あらら、間違ってましたか・・・。
寄主・ヨモギ、で探してすぐに出てきたのでとびついてしまいました。
図鑑の説明をよく読むと時期も生息部位も合っていません。キクヒメヒゲナガの方はネット画像がいくらでも見られて、確かにこれだと納得しました。
タイトルを直しておきます。ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年4月29日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59550151

この記事へのトラックバック一覧です: キクヒメヒゲナガアブラウシ(改題):

« ナナフシの幼虫 | トップページ | カイガラムシの一種?(改題) »