« ウシカメムシ | トップページ | ヘリグロテントウノミハムシ »

2014年4月 8日 (火)

サツマキジラミ幼虫に寄生するヒメコバチ科の一種(?Tamarixia sp.)

2年程前にサツマキジラミの幼虫の殻を破って出てくるヒメコバチ科の一種(?Tamarixia sp.)を掲載したことがありました。しかしコバチ幼虫がどのような形で寄生しているのかは全く知らなかったので、先日のBABAさんの記事(サツマキジラミ幼虫とTamarixia ?atamiensis)を見て驚きました。そして昨年正体不明のまま掲載した、サツマキジラミの若齢幼虫の腹部にくっついていた謎の幼虫の正体も、やはりこのヒメコバチの幼虫だったことが分かったという次第です。
そこで私も早速、いつもの公園のシャリンバイを見に行きました。

_dsc31742
これは見るからにマミーですね。

_dsc31812
キジラミ幼虫はとっくに死んでいて、無数の糸で葉裏に固定されています。腹端近くにはコバチ幼虫が残したと思われる糞も見えます。

_dsc31842
BABAさんにならって葉面から剥がしてみると、既に蛹(前蛹?)になったヒメコバチが現れました。体長は約1.5mm。BABAさんの記事では黒化した蛹の美しい深度合成画像が見られます。

_dsc32402
こちらの幼虫も完全にマミー化していますが、コバチの糞はありません。

_dsc32452
裏返すとよく太った大きなコバチ幼虫が現れました。体長約1.5mm、蛹とほぼ同じ大きさで、これで終齢でしょうか。

_dsc30842

_dsc30922
この幼虫はまだ元の体色を残していますが、よく見ると周囲には細かい糸が張られ、すでに動きません。

_dsc31132
やはりお腹に体長約0.8mmのコバチ幼虫を抱えています。

_dsc31212
このキジラミ幼虫はまだ元気でひっくり返すとさかんに脚を動かしていますが、右後脚の付け根にはやはり小さな寄生者が。

_dsc31452
体長約0.4mm。

_dsc3263
左はマミー、右は生きた幼虫ですが・・・。

_dsc32692
先の個体と同じ場所に体長0.25mmほどのコバチ幼虫が。おそらくこの場所が母バチの産卵の定位置なんでしょう。寄主がいくら脚をばたばたさせても安泰というわけです。
孵化前のコバチの卵も見たかったのですが、時期が遅いのか若齢のキジラミ幼虫が見当たらず、卵も見つかりませんでした。

(2014.04.03・明石公園)

|

« ウシカメムシ | トップページ | ヘリグロテントウノミハムシ »

半翅目」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
もっとも安全な産卵ポイントなんでしょうね。コマユバチのように麻酔をかけてからと思っていましたが必要無さそうですね。小さい卵を見つけるのは骨が折れそうです(^^

投稿: BABA | 2014年4月12日 (土) 20時57分

BABAさん、こんばんは。
クモヒメバチの場合にも感じましたが、こんな場所で寄生者が体液を吸って成長していくのに寄生された側にはなすすべがないというのは見ていてもどかしい気がします。
ところで卵はどれくらいの大きさなんでしょうね。寄生率はかなり高そうなので、適当な時期に腰を据えて探せば見つかるのではないかと思うのですが。

投稿: おちゃたてむし | 2014年4月12日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59436138

この記事へのトラックバック一覧です: サツマキジラミ幼虫に寄生するヒメコバチ科の一種(?Tamarixia sp.):

« ウシカメムシ | トップページ | ヘリグロテントウノミハムシ »