« クロホシテントウゴミムシダマシ | トップページ | チャタテ科 Amphigerontinae亜科の一種 »

2014年6月 2日 (月)

クギヌキヒメジョウカイモドキ♀?

アラカシの葉の裏で見つけた、体長2.7mmばかりの小甲虫です。
体型が近所の公園でもよく見かけるヒロオビジョウカイモドキに近いので同じジョウカイモドキ科を図鑑で探してみると、クギヌキヒメジョウカイモドキ Ebaeus oblongulus の雌がよく似ています。
次にその種名で検索してみると、いつも見ている tukik さんのブログで見つかりました。そこでは和名の由来である特異な形の翅を持つ雄とともに、下の写真によく似た地味な雌が写っています。ただし全体の体色が私の撮ったものの方がやや明るく、別種の可能性があるかも知れません。

_dsc6833

_dsc6840

(2014.05.23・再度谷)


|

« クロホシテントウゴミムシダマシ | トップページ | チャタテ科 Amphigerontinae亜科の一種 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
リンクどうも。この日訪問者がいつもの倍ぐらいあったので、どこかにリンクされたのだろうとは思っていました。
クギヌキはこちらでは、春の桜の葉でよくみつかり、それ以外の葉でも時々みかける普通種です。
オスは直ぐに分かるのですが、メスは見分けられません。
最近も見ているのですが、よくわかりません。
http://tukik.exblog.jp/21981692/

オスの尾部は私の撮影では構造がよく見えないので、ぜひそちらで拡大画像を載せて下さい。

投稿: tukik | 2014年6月15日 (日) 21時23分

tukikさん、おはようございます。
「クギヌキ」の種名で検索をかけると真っ先にtukikさんの画像が出てきたので、リンクさせていただきました。おっしゃるとおり雌はこれと言った特徴に乏しく、tukikさんのように雄と一種の場面にでも出会わないと確定するのは難しいでしょうね。でもこちらではあまり多い種ではなさそうで、雄はまだ見たことがありません。一度見たいものです。

投稿: おちゃたてむし | 2014年6月16日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/59745819

この記事へのトラックバック一覧です: クギヌキヒメジョウカイモドキ♀?:

« クロホシテントウゴミムシダマシ | トップページ | チャタテ科 Amphigerontinae亜科の一種 »