« ヨツモンチビカツオブシムシ | トップページ | コマユバチの繭に産卵するコガネコバチの一種 »

2014年8月 1日 (金)

アシナガオニゾウムシ

立ち枯れ、あるいは衰弱したエノキでよく見られるゾウムシで、このブログでもすでに2度(2010.05.042011.08.04)登場しています。
今が活動最盛期のようで、数年前から目をつけているエノキに多数の雌雄が集まっていましたが、とても臆病な虫で不用意に近づくとすぐにポロリと落下してしまいます。

_dsc1668
小さな雌の背中に乗る巨大な雄。

_dsc16902
雌の背中から降りた後ものしかかるような姿勢で雌を見守っています。

_dsc17502
雌はせっせと産卵のための穴を掘っているようです。

_dsc1666
これは別のつがいです。上の雌は産卵中だったようですが、2、3度フラッシュを浴びせると落下してしまいました。

_dsc16662
アップを撮れなかったので上の写真の部分拡大です。

_dsc17702
これもまた別の雌です。産卵後の穴を何かで埋めていたようですが、やはりすぐに立ち去ってしまったのでよく分からず。

_dsc1800
こちらのつがいは最初のとは雌雄の大きさが逆ですね。

_dsc18292
この雌も樹皮を齧っていますが、これは穴を掘っているのではなく表面を広く削り取っています。おそらく食べているんでしょう。

(2014.07.17・明石公園)

|

« ヨツモンチビカツオブシムシ | トップページ | コマユバチの繭に産卵するコガネコバチの一種 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/60076830

この記事へのトラックバック一覧です: アシナガオニゾウムシ:

« ヨツモンチビカツオブシムシ | トップページ | コマユバチの繭に産卵するコガネコバチの一種 »