« 卵を守る??ヒメグンバイ | トップページ | オオズアリ »

2014年8月29日 (金)

タマゴクロバチの一種

カクレミノの葉裏についたカメムシ卵の上にいたタマゴクロバチの仲間です。
過去に撮ったものの中から似たものを探すと、やはりカメムシ卵から出てきた Trissolcus itoi に一致する部分が多いようです。しかしそちらの翅がほぼ無色透明なのに対して今回の個体では少し茶色がかっていて、足の色も少し違うのでおそらく別種でしょう。体長は約1.2mmです。

_dsc4052
触角の形から雌と思われますが、産卵は見られませんでした。

_dsc41042

_dsc41362
警戒しているせいかしきりに歩き回りますが、ときどき動きを止めて卵に寄り添うようにうずくまっていました。

_dsc41082

Trissolcus

(2014.08.20・明石公園)


|

« 卵を守る??ヒメグンバイ | トップページ | オオズアリ »

半翅目」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/60228698

この記事へのトラックバック一覧です: タマゴクロバチの一種:

« 卵を守る??ヒメグンバイ | トップページ | オオズアリ »