« カトウツケオグモ | トップページ | トビコバチ科の一種 »

2014年9月21日 (日)

ヒロズコガ科コクガ亜科の一種(改題)

* 2014.09.26・タイトル再変更 *

坂井さんから、コクガ亜科の Nemapogon か Archinemapogon であろうとご教示をいただきました。ezo-aphidさんのコメントにあるように、Nemapogon 属によく似た斑紋を持つ種が多いようです。詳しくはお二人のコメントを参照してください。タイトルを再度変更しました。

* 2014.09.21・タイトル変更 *

当初「ヒロズコガ科の一種」としていましたが、ezo-aphidさんにご検討いただき、コケヒロズコガ Eudarcia orbiculidomus を有力候補として良いだろうということになりました。タイトルには疑問符付きで種名を入れておきます。

翅端まで5mmほどの白黒模様のきれいなガです。ヒロズコガ科だと思うのですが合うものが見つかりません。アラカシの幹にいました。

_dsc5381

_dsc5388

_dsc54052

(2014.09.13・姫路市 広峰山)

|

« カトウツケオグモ | トップページ | トビコバチ科の一種 »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
斑紋パターンが、Eudarcia orbiculidomus(コケヒロズコガ)に似ていますね。標準図鑑では、ヒメヒロズコガと改称されてました。地衣類を食べ、開帳8mm、本州・九州の石垣で見かける普通種、とあります。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月21日 (日) 07時28分

ezo-aphidさん、こんばんは。
コケヒロズコガは「みんなで図鑑」の画像を見て似ているとは思ったのですが、斑紋があまり一致しないので別種と考えていました。他に参照できる画像もほとんど見つからないので斑紋にどの程度の変異があるのか分かりませんが、掲載写真の個体と、同じ木で見つけたやや小型の別個体では細部までよく一致しています。ただ「みんなで図鑑」の画像はかなり擦れた個体のように見えるのでその違いなのかも知れません。他に酷似種がないのならコケヒロズコガで決まり、でしょうか?

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月21日 (日) 20時09分

こんばんは。
蛾類の斑紋パターンの変異幅はどの程度か、というのはたぶん(種ごとに違い)永遠のテーマでしょうねぇ。鱗片に剥落がある個体を同定するのは、さらに困難でしょう。
その点「みんなで図鑑」の1・2枚目は参考にしにくい個体と思います。3枚目は剥落がなさそうですが、それとは「似ているものの違いも見られる」というところでしょうか。結局は「交尾器を見ないと決められない」のですが、当地の普通種でサイズも合うので、当面の(検討すべき)有力候補としていいように思います。もちろん、「コケヒロズコガではない」という考え方もあり、です。国内には他に酷似種がいない、と言える人物は(たぶん)いないでしょう。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月21日 (日) 20時53分

ezo-aphidさん、
すみません、いろいろ無理な注文をしてしまいました。
タイトルは一応疑問符つきでコケヒロズコガとしておきます。
ご検討ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月21日 (日) 22時18分

コクガ亜科のNemapogonかArchinemapogonかと。Eudarciaより黒斑が太くて、パターンがだいたい決まってます。サルノコシカケ食い。

投稿: 坂井 | 2014年9月25日 (木) 22時23分

わ! いらっしゃいましたね。
たしかに国外のNemapogon画像にたくさんの斑紋類似種がいますね。
おちゃたてさん、すみませんでした。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月26日 (金) 07時10分

Nemapogon属は、現在100種ほどですが増加中。2000年以降、ロシア沿海州で3種、中国で2種が記載されています。難物ですねー。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月26日 (金) 08時09分

ためしにNemapogon granella コクガの斑紋変異を探してみました。雌雄まじりのドイツの個体群のようですが、斑紋パターンに基本はあるものの、黒斑の大きさの変異の大きさにかなり戸惑います。
http://www.lepiforum.de/lepiwiki.pl?Nemapogon_Granella
ロシア沿海州のNemapogon属4種とArchinemapogon属2種の斑紋を、Ponomarenko(1997)で見たところでは、N. varietellaという種に近いように見えました(似ているものの違いもあり、です)。2000年以降に記載された近所の5新種は見られませんでした。
結論として、コケヒロズコガ(ヒメヒロズコガ亜科)を新種記載された坂井さんに別種とご教示頂いたのですから、「コクガ亜科の一種」とするのが妥当かと思います。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月26日 (金) 18時36分

坂井さん、はじめまして。ご教示ありがとうございます。
お示しいただいた二つの属名で探してみると、ezo-aphidさんからのコメントにもあるようにNemapogon属によく似た斑紋を持つ画像がたくさん出てきました。早速タイトルを変更しておきます。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月26日 (金) 20時35分

ezo-aphidさん、こんばんは。お手数おかけしました。
お探しいただいた画像にひととおり目を通しましたが、ご指摘どおりN.varietellaが近そうに見えますね。お勧めにしたがってタイトルは「コクガ亜科の一種」としておきます。ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月26日 (金) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒロズコガ科コクガ亜科の一種(改題):

« カトウツケオグモ | トップページ | トビコバチ科の一種 »